« 2004-04-25 発音は手加減なしの材料のほうが | トップページ | 2004-05-02 発音の思い違い »

2004-04-29 自分の声を聞く

過剰訂正という用語が言語学にあるそうだ。母語にない音や語法を気にするあまり、不要な箇所にもそういう音や語法を用いてしまう。

この現象を体験した。 xian を shian と言ってしまったりするのだ。日本語にない sh をきちんと出さなくてはと身構えるから x が素直に出ずに中途半端な sh になるのだろう。 z を zh とすることもあった。

すぐに気付いて修正することが大切だ。誤った発音で繰り返し練習したら後でやっかいなことになる。

今日は相原教授の教科書を読み、自分の声を録音して聞いてみた。
・課題は簡単なので、発音は十分明瞭。
・ t が強すぎるようだ。有気音を意識しすぎているからだろう。
・意味のまとまりごとに発音せず、個々の漢字を同じ調子で読んでしまっている。
・ j が日本語の「ジ」になっている。手本を良く聞くと「有気音では息が出るが、無気音では母音が出る」という説明のとおりで、「ジ」ではない。
・全体的に思っていたよりもずっと「中国語っぽく」読めていてとりあえず安心。


相原教授の本には単元ごとに練習問題がある。「読んだのは次のうちどちらでしょう」というような択一式出題が多い。回答のときには問題を見ないで、まずピンインで書き取るほうがいい。声調を問う問題でも母音・子音の聞き間違いを直すことができる(その反対も)。

本全体の半分を超えたあたりから、新しい単元の課題通読をすべてピンインで書き取るようにした。何度か聞き直して書き取り、それから本を見る。これはいい練習になる。ときどき4声を2声に書いたり、 zi を zu と書いたりしている。間違えたところは集中して「耳を治して」おく。

|

« 2004-04-25 発音は手加減なしの材料のほうが | トップページ | 2004-05-02 発音の思い違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/512148

この記事へのトラックバック一覧です: 2004-04-29 自分の声を聞く:

« 2004-04-25 発音は手加減なしの材料のほうが | トップページ | 2004-05-02 発音の思い違い »