« 2004-07-27 音楽も | トップページ | 2004-08-01 nとngと »

2004-07-31 有気音・無気音

「デンさんの広東語相談室」の「テープ3百回」に影響を受けてNHKラジオ中国語講座のCDを何度も聞いている。

デンさんは言う。

また、発音を、これは第何声だとか、これは有気音だとか、理屈で頭に入れておいてから聞かないと、聞こえてくる音を日本語にひきつけて聞いてしまうため、実際に聞こえているのは日本語の発音になってしまいます。

上記を意識して何度も注意深く聞くと、ときどきいままで気づかなかったことがわかってくる。
今週は有気音・無気音について少しわかってきた。

中国人にとって日本語の濁音・半濁音の区別がとても難しいという。CDを注意深く聞くと、たしかに ba は「バ」ではない。かといって「パ」でもない。その中間のような音だ(中間でもないのだろうが)。

日本語の「バ」と絶対に言わないつもりで ba と言う練習をしたら、だんだんさまになってきた。 ba と pa との相違は息だけ、という感覚がわかってくる。

私にとっては b の練習は簡単だった。j や zh の場合にはけっこう息が出る気がする。

|

« 2004-07-27 音楽も | トップページ | 2004-08-01 nとngと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/1093223

この記事へのトラックバック一覧です: 2004-07-31 有気音・無気音:

« 2004-07-27 音楽も | トップページ | 2004-08-01 nとngと »