« 2004-08-14 お休み | トップページ | 2004-08-22 もっと動こう »

2004-08-15 辞書

中学校3年間英語の辞書は持っていなかった。それでも英語の学習に特にさしさわりはなかったように思う。

中国語の学習もNHKラジオ講座入門編に取り組んでいる間は辞書なしでいいかな、と思っていた。

ところが、8月号から少しずつ語法の要素が出てきて、「まる覚え」では効率が悪いかも知れないと考えるようになった。例を挙げると、
Ba3 zheige(4+軽) panzi(2+軽) di4 gei3 wo3, hao3 ma?
(その皿を私に回してくれませんか)

動詞の直後に目的語が来るという単純な形ではない。「把」が目的語を引きずり出している。そして、この形を取るときは ア)動詞は一文字ではない イ)目的語が既知 ウ)目的語になんらかの「処置」がなされる の3つの条件がそろったときだという。

買ってからしばらくころがしておいた「小学館中日辞典第2版」を調べてみた。この辞書はなかなか読みやすいではないか。上記「把」の他にも「経」や「di4」(与える)の項を読むと語の使い方がよくわかる。

今後は少しずつ辞書も引くようにしよう。表面的な訳ではなく、漢字本来の意味・用法まで(入門期に)とらえてしまうのも悪くないかもしれない。

最近の学習用英和辞典はよくできているそうだが、この中日辞典も立派な文法書と呼べそうだ。初版から10年で第二版を出すという前向きな姿勢もすばらしいと思う。

河村 豊さんのblog「中国遺跡巡り」に辞書の思い出が記されていたのでtrackbackさせていただく。

|

« 2004-08-14 お休み | トップページ | 2004-08-22 もっと動こう »

コメント

けんさんのHPから、飛んできました。
はじめまして、京都に住んでいる中国人の丹梅と申します。
中国語はやっぱり難しいですか?
私も日本語を勉強始まった時によく辞書を引きました。引くより1ページ最後まで全部覚えるつもりでしたが、三日坊主でなかなか実現できず、結局、今も綺麗な日本語をマスターできませんでした。
残念!今からもう一回習い直すと思いますが、また三日坊主になるかもしれません。あぁ~。でも、一応頑張ります。

投稿: 丹梅 | 2004.08.16 20:37

丹梅さん、こんにちは。いらっしゃい。
はい。難しいです。あまりよくばってはいけないのですが、なるべく効率の良い勉強方法を求めていろいろと考えています。

私はこの「学習方法を考える」というのがけっこう好きなのだと最近気づきました。

丹梅さんたちの中国語blogを早く読めるようになりたいものです。二カ国語で書いているなんて、尊敬ですね。


碧海ちゃん、かわいいですね。

丹梅視点、またのぞきに行きます。

投稿: Shira | 2004.08.17 22:38

shiraさん、初めまして。ひろ君といいます。
最近shiraさんのページを見つけまして、
楽しく読ませてもらっています。
私も、中国語を勉強していますが、
まだまだ発音が難しいと感じています。

それから、私のBlog内でshiraさんのページに
リンクさせてもらいました。
もし、不都合があれば言ってください、その時はリンクをはずしますので。

それでは、これからも読ませてもらいます。

投稿: ひろ君 | 2004.08.18 18:01

ひろ君、こんにちは。ようこそいらっしゃいました。
ネットの大海の中でこのblogを見つけてくれたのですね。とてもうれしい...。

中国語の学習を始めたときに、成年・初学者がどこまでいけるか記録を書いてみようと思って開設しました。

いろいろと書くのでそこそこ勉強しているような印象を与えるかもしれないのですが、なかなか学習時間はとれません。

今日もNHKラジオ講座のCDを通勤電車で聞いていました。夏なので電車がすいているのが救いです...。

投稿: Shira | 2004.08.18 22:56

Shiraさん、私のページへのコメントありがとうございます。
それに、中国語学習者に加えて頂いてうれしいです。

私の主な学習場所も電車の中です。
乗っている時間は長いのだけど、乗り換えが少ないといいんだけどなあ。

お互い、暑さに負けないでがんばりましょう。

投稿: ひろ君 | 2004.08.19 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/1200632

この記事へのトラックバック一覧です: 2004-08-15 辞書:

« 2004-08-14 お休み | トップページ | 2004-08-22 もっと動こう »