« 2004-10-23 その母音は正しいか? | トップページ | 2004-10-28 口を開けて(2) »

2004-10-27 口を開けて

学習を始めた頃、a の音は口を大きく開いて出すと習った。軽く声門を閉じてから気持ちよく開放的な音を出す。

最近この点を意識することがなかったので、改めてCDを良く聞いてみる。普通の速度(学習用に遅くしていない速度)でもちゃんと開いた音だ。CDの速度に追いつこうとして私の口の動きはやや少なくなっていたようだ。英語の学習書に書いてある警句"lazy lips, immobable jaw and idle tongue"(なまけものの唇・固いあご・動かない舌) というわけ。

背筋を伸ばし、ゆっくりと呼吸して軽々と中国語の音を出すつもりで練習する。口が良く動いている状態を思い浮かべる。

不思議なことに、口や舌の運動量が多くなっても速度は落ちないものだ。そして発音は確実に明瞭になる。慣れない音(言語)ほど大げさに練習するという原則を思い出した一幕。

|

« 2004-10-23 その母音は正しいか? | トップページ | 2004-10-28 口を開けて(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/1793096

この記事へのトラックバック一覧です: 2004-10-27 口を開けて:

« 2004-10-23 その母音は正しいか? | トップページ | 2004-10-28 口を開けて(2) »