« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の9件の記事

2004-12-26 教材変更

修訂 新中国語 上 (劉山・李培元 他)にとりかかることにした。NHKラジオ中国語応用編は一休みだ。

NHKラジオ中国語応用編で会話文を覚えていくのも楽しいが、入門編の直後に取り組むにはちょっと早い気がする。もう少し簡単な材料で置き換え練習などの分量をこなし、瞬発力を高めておこうと考えた。

この教材にはCDの別売がある。NHK教材のような鮮明な録音ではないが、ゆっくりしすぎることもなく好ましい仕上がりだ。

今日は1〜7課を一気に片づけた。第7課の発音練習でひっかかるところがいくつかあり、少々がっかり。NHKで親しんだ読み手ではないことも一因だろう。このような理由で聞き取れないのはまだ発音の基礎が少々危うい。

普通語は一種の人工言語だから発音にこだわる必要はないという意見もある。ただ、私の場合は音の聞き分けができないときがあるので、「こだわり」以前の問題だ。少なくとも基礎的な発音の練習問題では迷うことなく正答を出せないとこの先困るだろう。一例を挙げると、xue と xie と、 qu と qi と、zheng・zhong・zhang、そしてやはり n と ng と、これらの区別でまだひっかかる。
「こんなに違うのにどうして区別が難しいの?」
と中国人は言うのだから、壁を破るような経験が必要なのかもしれない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004-12-23 進歩もある

基礎的な発音で思い違いがあったが、全体としては進歩しているようだ。
NHKラジオ中国語講座応用編CDをテキストを見ることなく聞いてピンインで書き取る。誤りがかなり少なくなってきた。文法事項の例示では速度が遅いが、寸劇では(初学者には)かなり速い。2004-05の第13課の寸劇で完全にピンイン表記ができたときにはうれしかった。

ピンインで書き取る練習なら、内容がわからなくてもできる。「中国語ジャーナル」のインタビューなどを材料にしてもいいかもしれない(少し試してみたら速すぎて何度聞いても書き取れないが)。内容がわかるようになれば聞けるようになるのだろうが、純粋に音として聞けることも当然必要だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-23 自然な音の流れ

NHKラジオ中国語講座応用編(2004-05)がなかなか進まない。この季節は仕事が多忙なのでなかなか時間がとれないので、ゆっくりと構えることにする。

今日は自分の声と手本とを慎重に比べてみた。発見がいくつか。

ほとんど入門は通過したかと思っていたが、発音の練習では常に新しい課題が出てくるものだ。先に進むと新しい景色が見えてくるというものだろうか。

1.
今回の課には「送」 song が多く出てくる。私の ong が手本と違うと思って以前に使った本を見てみたら、ちゃんと書いてあった。私の ong は英語のように下あごを落として響かせた、誤った音だったのだ。
「発音の基礎から学ぶ中国語」

唇をまるめ、u を出す構えで「オン」と言う。(p.96)


「对日汉语语音教程」ではもっと念入りだ(まだその部分まで読み進んでいない)。

(1) uen と ueng は単独で音節をなすとき、それぞれ wen と weng と表記する。そのほかの子音の後に来たときは、un と ong と表記する。

(2)略
(3) unと表記しても、そして ong (実は ueng と表記すべきだが)と表記しても、e の存在を忘れてはならない。

(4) ueng (ong) は単独で音節をなすとき、weng と表記し、その他の子音の後では ong と表記するが、weng と ong との間に違いがあるわけではない。ong と表記しても、weng と表記しても、発音は同じである。

(5)(6)略
(7)日本語のオンを中国語の ong の発音に当てはめようとしてはいけない、ということに特に気を付けること。(p.116-117)

ci や ian などはアルファベットから連想する音と中国語の音とはだいぶ違うといろいろな本が強調しているが、on・ong も要注意だ。

2.
以前にも書いたが、私の場合第一声・第四声が強くなりがちだ。今日は音が高いところを思い切り弱く読む練習をしたら自然になってきたようだ。目的別練習はどんどん考案してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-19 音より入る

中国語学習を初めてから一貫して守っていることがある。
音から学習を始めること。

NHKのテキストを次のように使っている。
1.CDで単元を聞き、ピンインで書き取る。
2.間違って聞いている音があれば、その音の特徴を復習する。
3.テキストで文の意味を確認し、漢字を辞書で調べる。
4.一週間ほど繰り返し聞く。おそらく30〜50回。地元の駅までは人通りが少ないので、小声でshadowingをする。
5.こんどは出演者と同時に声を出す。単元は記憶しているので、テキストは見ない。自分の声と手本の声との差に注意する。慣れてくると不思議と同時に聞けるようになる。
6.自分の声を録音し(テキストは見ない)、手本と比べる。細かいところを矯正する。
7.漢字で書く練習をする。
8.テキストの漢字を繰り返し音読する。


100万人の中国語」や「デンさんの広東語相談室」の主張のとおり、自分の耳だけを頼りに学習することはほぼ不可能だ。「聞いたとおりに発音する」ことができる才能を持つ人は限られている。

私も聞いたとおりに発音することはできないのだが、自分の声とCDの声との違いはなんとかとらえることはできるように思う。流して聞くだけではわからず、まず四声に注目して差を洗い出し、次いで子音、その次に子音、その次に強弱・間合いと課題別に何度も聞き比べている。

思いこみで誤った矯正をしないよう、定期的に信頼できる教師(あるいは協力者)に聞いてもらって自分の心にある「ものさし」を修正しておくことが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-18 少しずつ

仕事が忙しく毎日遅くなる。肉体的に疲れて学習の進みが遅い。
「こういうこともある」
と割り切って、できることをしよう。

軽声の発音をときどき間違うことに気づいた。厉害 lihai など、私が速く読むと4声で急に下がった反動で hai が3声強調形のようにするすると上がり調子になってしまう。

a の次の音はただでさえ弱く短くなるはずなので(NHKラジオ中国語講座入門編2004-09)、lihai の hai は「ハイ」というつもりで声に出してはいけない。

軽声の練習で「4声に続くときは低く」練習をしたが、会話文でさりげなく出てくると十分に短く発音できなかった。

軽声は実に軽く短い。


自分の声を録音して聞く。四声・子音・母音だけではなく、流れ・リズムもCDに近くなるよう練習している。言語学にprosodyという用語があるが、これを意識して練習することはとても大切だ。この段階で手を抜くと将来聞き取りで大きな壁に阻まれるのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習計画

中国語学習を始めたときにはあまり先々のことを考えなかった。ある程度学習が進めば新しい視点で学習方法を考えることができるだろうと思ったから。知っている単語は数百、発音もおぼつかない状態で2〜3年先の具体的な目標をかかげるのは難しいだろう。

中国語の様子が少しはわかってきたので、学習の計画をそろそろ考えてみたい。

いままでの進み具合:
1.発音を集中的に学習。
  ・「発音の基礎から学ぶ中国語」 相原茂 朝日出版社
  ・「中国語発音学習教材」 加藤徹 広島大学 web site
  ・「中国語発音塾」 赤羽陽子 スペースアルク web site
  ・「ハイブリッド中国語発音トレーニング」 王欣雨 三修社
  ・「対日漢語語音教程」 続三義 編 北京語言文化大学出版社
  ・日中学院 個人指導 1.5時間×3回

2.中国語に親しむ。
  ・「NHKラジオ中国語講座入門編」 2004年4月期(中国語24のエチュード) 遠藤光暁
  ・「NHKラジオ中国語講座応用編」 2004年4月期(すぐに使える基本文法) 杨凯荣

使用機材:
  ・テープレコーダ(自己音声録音・再生)
  ・携帯CDプレーヤ(NHK講座CD用)
  ・据置CDプレーヤ(NHK講座CD用)


基礎文法事項を集中的に学習しようかと少し前までは考えていた。しかし、NHK教材を使っていて感じたのは、言語習得では反応の早さ(瞬発力)がとても重要だということ。懸命に思い出しながら・考えながら口に出すことを繰り返していても身に付くものは少なそうだ。それよりは新出事項は少なくてもいいから、「筋力トレーニング」のように知っていることはただちに使えるようにする練習をもう少し続けるべきだろう。

英語を話すときにも広い意味での「慣れ」が足りない人は非常に多い。調理方法を読んで理解するのと実際に作ってみるのとではだいぶ違うのと同じだ。

このようなことを考えていたところに傑作サイト「中国語会話 グズでノロマな独習体験記」に出会った。「やはりそうだ」と思い、外国人向けの総合中国語教材(文法・読解・作文等々と分かれていない)にひととおり取り組んでみようと思う。

・新訂 新中国語 刘山・李培元(北京語言学院) 中華書店
・別売CD

この教材を選んだ理由:
・NHK講座の例文はほとんどが会話なので、通常の文章も読みたい。
・ごく基本的な単語(身近な物の名前・基本動詞)を身につけたい。
・テープだけではなくCDで音声教材が入手可能。

「グズでノロマな独習体験記」から新中国語についての記事を引用します。

基礎力をつけるには、このテキストはよくできています。北京語言学院の専門家たちが外国人に中国語を教えるためのエッセンスを注ぎ込んだ力作という感じがします。
たとえば、初出単語は、後の課にも繰り返し登場してきますから、違う場面、違う文の中で、その使い方を確認することができます。
また、語句の説明もていねいで、わかりやすい。例文の内容が古いのを我慢すれば、これもわかりやすい。
類似語句の使い分け方は辞書を見ただけではわかりにくいものですが、このテキストではていねいに説明してくれます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-12 気持ちよく学習するために

自分の声を録音することの重要さは何度かこのblogで書いてきた。
1.手本と比べることができる。
2.自分の中国語を批判的に聞くのは自分がいちばん。教師や学習仲間はどうしても遠慮したり、会話を成り立たせるために細かいところに目をつぶりがち。
3.簡単な機材があればよい。機材があれば費用はほとんどかからない。

いつまで発音の練習ばかりしているのかと思うかもしれないが、文法教材を材料にしているので発音・文法・会話・簡体字の練習を総合して進めているようなものだ。初学者にはこのような総合学習が適していると考えている。


「習った範囲では完全に」という方針で学習をしている。初歩の教科書を朗読するのなら、中国人小学生の手本にするくらいのつもりで。

こうして正確に読めるようにしていけば(それほど簡単なことではないが)、習った文法事項を自信を持って試すことができる。発音が原因で通じないことは絶対にないのだから、誤りは語法・単語・文法だ。これはかえって気楽な状態ではないだろうか。

難しいことは分割して学習しよう。


完璧主義は言語習得の大きな妨げだ。「習った範囲では完全に」という方針は私にとって簡単で楽しいから続いている。そんなに難しくない目標を立て、気楽に確実に完全達成を目指そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-05 敏感に

NHKラジオ中国語講座応用編(2004-05)の第11課の寸劇にはずいぶん時間をかけた。文法課題文はややゆっくりと読むが、寸劇はもう少し速い。文を覚えてCDと同時に発音できるようになるまでにはかなり練習が必要だ。

自分で録音たものをCDと比較するとまだ基礎的なところができていないのがよくわかる。どれも初心者用の発音教材で重要事項として丁寧に説明していることだ。
1行目の
电器商品比以前便宜多了。
で二カ所ひっかかった。

まず dianqi の i が甘い。dian のほうはまだましだが、2番目はやや軽く発音するためか i の鋭さが落ちてしまっている。CDでは音は弱くても i の鋭さは変わっていない。

うまく発音できなかったのは英語の影響かもしれない。英語の短い/i/は中国語と比べてはるかに「ゆるい」音だ。そして英語では弱く発音する母音は本来の調音ではなく、あいまいに表現される場合が多い。

もう一つは pianyi だ。n と次の yi とが分離せず、「ピエンニ」という音になってしまった。広島大学加藤助教授の「中国語発音学習教材」で声門閉鎖についてしっかりと学習したつもりだったが、CDの速さについて行こうとすると怪しくなったわけだ。

手本を聞くと、蒋文明・张艳の両氏とも声門を閉じている「作業」の気配を感じさせないが、しっかりと n と yi とを切り離している。


声調と調音との関係にも注意を払おう。第一声・第四声は高い音で始まる。私の場合、「高い」は心理的に「鋭い」と結びつけがちであり、母音ははっきりと強めに発音しがちだ。第三声では反対に「低い」=「弱い」という連想が働くのか、 a で口の開きが狭くなったり i の鋭さがなくなったりする。

金管楽器・木管楽器で高いオクターブを出すときの感覚といえばわかる人も多いのではなないか。

中国語では第二声・第三声は決して弱く発音するわけではないようだ。私がNHKのCDを聞いた範囲では音が低くても調音はしっかりとしている。


「日本語と違うから注意せよ」というところはやはり難しい。常に注意するとよい。


もっとも、今回自分で気づいたのはまずまずの成果といってよいかもしれない。問題が見つかるのは良いことだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004-12-01 反復練習

NHK ラジオ中国語講座応用編(2004-04〜)を始めてしばらくになる。CDの録音は鮮明だし、文法事項の解説もわかりやすい。最初は難しく感じるが、何度も練習しているうちに自分で言えるようになるという難易度もちょうどいいものだ。

ただ、語句を入れ替えて何度も練習するような課題がない。放送時間・テキスト紙面の制限でしかたがないのだろうが、自分で正しい課題を考案するほど語彙がない学習者にとっては少々不便だ。

ニュートンプレス「トレーニングペーパー」やピンズラー(Pimsleur)、リンガフォン(Linguaphone)といった定評ある教材の共通点は
「学習者がイヤと言うほど単純な繰り返しを強いる」
ところにあると思う。

語句を入れ替えて何度も練習することは大切だと思う。

応用編を2004-06まで終わらせたら定評ある基礎学習材料に切り替えようかと考えている。東京の日中学院ではあいかわらず「北京語言文化大学編 実用漢語課本」という「歴史的」教科書を使っているが、教員がいままで使ってきたからという理由だけではないはずだ(ときどきそういうこともあるが)。

知っていることは瞬時に言えることは大切だ。英語でも瞬発力がないために苦労している人を多く見てきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »