« 2005-02-23 故郷の香り(1) | トップページ | 2005-02-23 故郷の香り(3) »

2005-02-23 故郷の香り(2)

原作は莫言だ。红高粱や幸福时光の作者。

NHKラジオ中国語講座テキスト2004-04号で藤井省三東京大学教授がこの作品について書いている。

原作では暖は事故で片目を失明し、3人の子は皆耳が聞こえない。

最後の部分を引用しよう。
--------------------------
莫言さんの原作では暖と夫とは手真似程度の身振りでかろうじて対話しているが、映画では2人は聾学校で学習したかのような巧みな手話を操っている。夫は学校教育を受けられるような恵まれた環境には育ってはおるまい。そして暖が心の通い合う夫と、話のできる愛らしい娘と一家3人で幸せに生きていくという設定は、原作の孤独な暖の暮らしとは相当にかけ離れている。莫言さんが残酷な運命に主体的に立ち向かうまでに成熟していく農村女性の劇的な変身を描いたというのに、映画はこれを貧しくとも苦しくとも愛しいわが家、というメロドラマに作り変えてしまっているのだ。
--------------------------
映画「暖〜ヌアン」とは、珠玉の短編「白い犬とブランコ」を中国農村の実情とは縁遠い、都会人の身勝手な想像によって改変した物語といえよう。
--------------------------

原作と映画とは別のものだと割り切って鑑賞すればこの映画もすぐれた作品だ。映画を見てから原作を読むべき作品なのだろう。その逆をすると藤井教授と同じ思いをすることになりそうだ。

このblogで白酒について書いているが、この映画でも白酒を豪快に飲み交わす場面があった。ガラス瓶に入ったあの酒がアルコール分50%を超える酒だという知識があると映画の中の人間模様を深く理解できると思う。

|

« 2005-02-23 故郷の香り(1) | トップページ | 2005-02-23 故郷の香り(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/3051416

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-02-23 故郷の香り(2):

« 2005-02-23 故郷の香り(1) | トップページ | 2005-02-23 故郷の香り(3) »