« 2005-03-19 王菲 | トップページ | 中国語××Q&A101 »

2005-03-21 修訂新中国語下巻

修訂新中国語 下 を始めた。上巻よりもだいぶ厚い。一課の分量が増え、なんとなく「学習」という感じがしてきた。

例のように自分の声を録音して練習する。深い腹式呼吸と脱力とを心がけているので、声は気持ちよく出るようになった。外国語だと、慣れないためか声が「詰まった」感じになるときがある。そういうときの感覚を覚えておいて、兆候があったらすぐに練習を中断して力みを抜くようにする。

髭を剃るときや歯を磨くときに(腕や肩に)わずかな緊張を感じるときがあるが、そこで力をすっと抜く訓練をするとよい。話すときの緊張をほぐすのと似た感覚なので役に立つ。


発音に少し癖が残っている。
1.文の最初の「你」が短すぎた。第三声で低いから、低い→弱い→短い という誤った連想が働いたようだ。十分に音程が低くなるまで待つつもりで発音するとうまくいった。

2.「课」の e があいまいになっていた。これは油断のため。


基礎学習で使う漢字は辞書で丹念に調べている。中日辞典だけではなく、漢字の解説書も使うと字の印象が鮮明になってとてもいい。私は「常用字解」(白川 静、平凡社)を使っている。白川教授の学説には批判も多いが、中国語の学習が楽しくなることは間違いない。

白川教授については松岡正剛の千夜千冊に記事があった。

|

« 2005-03-19 王菲 | トップページ | 中国語××Q&A101 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/3380010

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-03-21 修訂新中国語下巻:

« 2005-03-19 王菲 | トップページ | 中国語××Q&A101 »