« 2005-03-27 暗唱しよう | トップページ | 教材がたくさん »

2005-03-27 教えを思い出す

英語は私にとって第二言語なので、(不自由はあるが)口に出すときに発音で悩むことはまずない。

中国語ではそのようなわけにいかない。今日も新しい課で例文が「口に乗る」まで20回以上練習した。部分に分けたり組み合わせを変えたりするのだ。

まあ、30年接した英語と1年の中国語とでは事情が違うのは当然だろう。

知っている単語ばかりの文でも、録音教材のように自然に話すにはずいぶんと練習が必要だった。たとえば、
每年夏天或者冬天,学校常组织留学生去别的城市旅行。

常组织 cheng zu zhi では舌の位置も唇の形も忙しく変わる。
组织で深い音の u を第三声で出してから舌を巻いた zhi を第一声で出すのはなんだか不自然でなかなか慣れなかった。動詞と目的語とは続けて発音されるから、留学生に移るのもたいへんだ。

録音教材はゆっくり読んでいるようで実はなかなか速い。いっしょに発音すると遅れそうになってあわててしまった。

急いで ü の音や liu の /i/ の部分がいいかげんになってはいけない。

そうそう、四声をきちんと出すのも忘れてはいけない。発音が指人形だとすれば、四声はその中の指のようなものだ。

声母+韻母+四声、それに微妙な軽・中・重のアクセント。頭上の蚊を追いながらゴキちゃんを退治する難しさだ。

それでも例文を使ってまるごと覚えるようにすれば数分で慣れるのはありがたいことだ。余裕をもって手本に追いつけるようになったら次の文章に進もう。


去に使う ü の発音を日中学院の教師に注意されたのを思い出す。
「口をとがらせるのではないのです」
「唇の両脇を少し緊張させて閉じ、真ん中に少し開きができるようにするのです」

「ストローで飲み物を飲むときの感じ」

「上唇を下唇に軽くかぶせる感じ」
と解説している図書もある。

|

« 2005-03-27 暗唱しよう | トップページ | 教材がたくさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/3463024

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-03-27 教えを思い出す:

« 2005-03-27 暗唱しよう | トップページ | 教材がたくさん »