« 2005-04-17 文法事項 | トップページ | 2005-04-24 消えない「消える母音」 »

2005-04-23 文字を並べる

中国語の文章は漢字を並べて作る。

言語については、音声がまず存在し、文字はそれを記録するために創造されたという話をよく聞く。音声面の学習が重要だと主張する人がよく挙げているようだ。

音声の重要性は私も十分に認めているが(このblogの記事を読んできた方々はわかっていただけると思う)、中国語ではすこしばかり事情が異なるようにも感じる。文字(漢字)の存在感がものすごく大きく、音声はそれを読むための手段ではないかという印象を受けるほどだから。現在の中国各地の方言を聞くと、もし漢字という共通点がなかったらほとんど別の言語だと思うくらいだ。


来中国以后,我早就想到长城去玩儿.
英語と比べるとずいぶんな違いだ。動詞をぽんぽんと気軽に置いてできあがり、という感じさえする。
動詞(らしきもの)が来、想、到、去、玩儿 と5つもあるではないか。

主語ががっちりと動詞を支配し、定型動詞でない動詞は不定詞や分詞にならざるを得ない英語に比べると、日本人にとって中国語はなじみやすいのかもしれない(語順という難関はあるが)。

※ 中国語の文法(用語)学習にはまだとりかかっていないので、誤解や誤記があると思う。指摘をいただけるとありがたい。

|

« 2005-04-17 文法事項 | トップページ | 2005-04-24 消えない「消える母音」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/3818935

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-04-23 文字を並べる:

« 2005-04-17 文法事項 | トップページ | 2005-04-24 消えない「消える母音」 »