« 2005-04-30 聞き取りの練習 | トップページ | 2005-05-01 第4声 »

2005-04-30 a の音

雑誌「中国語ジャーナル」の2004-0-〜2004-09を買ってある。
「クサカ教授の発音“徹底”トレーニング」がめあてだ。
学習支援サイト「China Expert」 にも紹介の記事がある。

これを読むだけではもったいないので、附属のCDから自然な語りを選んでpinyinで書き取ってみた。

意味がわからないことばを書き取ったにしてはけっこう正確に書ける。自然な速度は速いが、職業アナウンサーの発音は正確だからだろう。自分でまねをしてみて気付いたことが一つ。私の a は急ぐと口の中の容積が十分ではない。中国語には「狭い a 」や「あいまいな a 」は存在しないので、手本では速い流れの中でもきちんと明るい a を出している。

やはりテープレコーダを使った学習は必要だ。音がいいかげんになっていないか。四声が平坦になっていないか。重・軽・中のアクセントが自分勝手ではないか。

そろそろ母語話者に手伝ってもらってもいいかな、と思うが、時間はとにかく、場所が難しい。教師1人+学習者2人程度のグループでも発足させ、公共の施設を予約するのはどうかなどとも考えている。

(溝の口英会話サークルでは駅から徒歩数分の便利な場所の教室(ビデオ装置あり)に毎週土曜の予約を取れている。)

|

« 2005-04-30 聞き取りの練習 | トップページ | 2005-05-01 第4声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/3917734

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-04-30 a の音:

« 2005-04-30 聞き取りの練習 | トップページ | 2005-05-01 第4声 »