« 2005-04-30 a の音 | トップページ | 2005-05-04 高さ・長さ・強さ・間合い »

2005-05-01 第4声

修訂新中国語の第30課にさしかかった。
例文を読んで録音・再生したところ、手本と何かが違う。

この例文には第4声が多く、私の録音は十分に高い音から始まっていなかった。
手本の第4声は強く読まないところもちゃんと
「脳天逆落とし」
で発音している。

这些学生正在做什么?
这,正,在,做 この中では在だけが少し低いが、あとはみな第4声ならではの開始だ。
あと、些(第一声)もかなり高い。

高い=強い という感覚的な結びつきを解かなければならない。以前試みた練習をもう一度してみよう。第1声・第4声(開始)・第2声(終了)を十分に高い声で、しかし弱い声で発音するというもの。

|

« 2005-04-30 a の音 | トップページ | 2005-05-04 高さ・長さ・強さ・間合い »

コメント

最近ところどころ文字化けして見えるのですが。たとえば今日の例文中の第1字、些の左が「・」と表示されてしまいます。
4/30の白酒の記事でもお酒の名前のところが「二・・」となっていました。l
Shiraさんの環境では正しく表示されていますか?
私はWindows XP (と2000)のIE6で見ています。

投稿: shuaige | 2005.05.01 11:52

shuaigeさん、こんにちは。
私の環境では読めているんですよ。
Windows2000 SP4 + Firefox1.0.3
Windows2000 SP4 + IE6.0
Windows2000 SP4 + Opera8(beta)

ただ、よくわからないことがあります。
私の記事のソースを見ると、shuaigeさんが指摘した文字が「文字実体参照」になっているのです。shuaigeさんのblogのソースでは同じ文字が文字として表示されているんです。
「この」の zhe4 などがそうです。

白酒の記事の「二・・」は er4 guo1 tou2 (二鍋頭)です。

ちょっと調べてみないといけませんね。

※ 他の方からも読める・読めないを教えて頂けると助かります。

投稿: Shira | 2005.05.01 18:01

ソースを見たと書きましたが、表示は Firefox のソース表示機能を使いました。

投稿: Shira | 2005.05.01 18:11

こんにちは。私は文字の表示に興味があります。でも私にはShiraさんとまったく同じ環境しかなく、正常に表示できていますので、お役に立てず、ごめんなさい。

shuaigeさんのblogもShiraさんのblogもmetaのcharsetはutf-8ですね。Shiraさんが既にご指摘の、文字化けする部分がcodeの数値になっていること以外の違いを挙げると、Shiraさんの中文部分のfont指定がsimsun、shuaigeさんの方はarialになっていることでしょうか?arialにそれらの漢字は含まれていませんから、shuaigeさんのページは、ブラウザの方で自動的にunicode用のフォントに置き換え、正常に表示されるのかもしれませんね。
simsunだと、なまじそれらの漢字にあたるフォントがあるばかりに、unicode用のフォントが使われず、環境によっては文字化けするのかもしれませんね。もしそうだとすると、フォントを指定しなければ、うまく行くでしょうか?

私の考えはきっと見当違いでしょうが、他の方法でも、うまくいったらぜひ教えてください。

投稿: fotono | 2005.05.02 10:47

こんにちは。
私の環境:WindowsMe+IE5.5SP2 (^^:では「二・・」が「二・・」と見えてます。お役に立たないと思いますが…。(あ、NS7.1でも同じでした)

投稿: Saito | 2005.05.02 11:46

fotonoさん、Saitoさん、貴重な情報をありがとうございます。

simsunの指定は「読めない」という指摘をいただいてからためしに追加してみたんですよ。また外してみましたが、変化がないようですね。

書くときに問題があるのか、表示するときに問題があるのかだけでもわかると助かるのですが、いまのところよくわかりません。

わかっているのは:
1.Microsoft Pinyin IME 2003 を使って書いている。
2.cocologに書き込むと、
A 書いているときには漢字として読める。
B 確認画面では実体参照(例:zhe4 なら 这)になっている。
C 自分のブラウザで見ると文字として読める。
D ただしブラウザのソース閲覧機能で見ると実体参照になっている。

こうなったら文字符号化の基礎から学習することが必要なのかもしれません。

投稿: Shira | 2005.05.03 19:27

こんにちは。
この間はコメントありがとうございました。

私の環境

・Windows2000SP4 + IE6.0

では化けています。しかし、

・同 + Opera7.23

では正常に表示されます。

参考までにどうぞ。

こちらの頁は、発音についてしっかり書かれていてとても参考になります。これからも楽しみにしています。それでは、また。

投稿: lin | 2005.05.05 21:21

私の環境でShiraさんと違っているのはWindows XPの点だけのように見えますね。ピンイン入力は同じようにMS Pinyin 2003を使っています。
これでココログに入力すると、
A 書いているときには一部文字化けする。
B 確認画面でも一部文字化けのまま。
C 構わず保存して、ブラウザで見るとさっき文字化けしていた文字も正しく表示される。
という状況です。
Windows2000も持っていますが、これまで閲覧のみで入力には使っていませんでした。今度こちらで入力してみます。

投稿: shuaige | 2005.05.05 22:19

shuaigeさん、ありがとうございます。
私とほとんど同じ環境・使い方ですね。

cocologに入力するときの文字化けって、どのようなものでしょうか。
・文字にならない(点や四角)
・意味のない記号の羅列
・実体参照あるいは数字参照

私の場合、cocologの入力画面にはきれいに表示されるんですよ。

まあ、PCの問題は解決するときには「なあんだ」ということが多いですから、あまり気にせずpinyin併記で書いていこうと思います。

投稿: Shira | 2005.05.05 22:46

私の環境での「文字化け」はすべて、「・」で表示されているものです。自分で入力中も、Shiraさんのページ上でも、同じように「・」になります。
さて、先ほど自分のページをWindows2000から入力してみました。すると、
A 書いているときには一部文字化けする。
B 確認画面では正常に表示される。
C 保存してブラウザで見ると正常に表示される。
と、XPのときと違いはあるものの、やはりShiraさんの様子とは違うみたいです。
何が違うのか私ももうわからなくなってきましたので、私もあまり気にしないことにします。

投稿: shuaige | 2005.05.06 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/3931340

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-05-01 第4声:

« 2005-04-30 a の音 | トップページ | 2005-05-04 高さ・長さ・強さ・間合い »