« 2005-05-22 発音練習 | トップページ | 2005-05-29 干渉 »

2005-05-28 有気音・無気音

有気音・無気音の説明には実にいろいろなものがある。
・有気音は激しく、無気音は押さえ気味に
・有気音は息で(唇や軟口蓋の)閉鎖を破り、無気音は音で破る。
・有気音では空気がのどを通過する音が聞こえる時間が(わずかながら)存在する。
などなど。

忘れてはいけないのは有気音だから勢いよく出すというわけではないことだ。中国語でだって内緒話はするだろう。

どのような説明が「ピンとくる」かどうかは学習者によってさまざまだと思う。


私にとっては中国で使われている「送気音」・「不送気音」という区別がなじみやすかった。閉鎖を破った後の一瞬に空気がのどを通過する音が聞こえ、声門による声はその後を追って出てくるというものだ(送気音=有気音)。


今日は無気音の練習法を一つ思いついた。声門による発声を意識的に強くして無気音を出すのだ。
1.母音を気持ちよく出す。教科書の a の練習あたりが好適。
2.ga を出すときに、g をあまり気にせず a を気持ちよく出すつもりで練習する。息が送られる隙がないように。

この練習をすると、息を送りそうになる zhang や za でも無気の感覚をつかみやすいように思う。

大阪外語大杉村博文教授のサイトの一部aspirationにとても有益な解説がある。上位ページはpronunciation。アイコンをクリックすると記事ページに移る。

|

« 2005-05-22 発音練習 | トップページ | 2005-05-29 干渉 »

コメント

思いついたのはあくまで練習方法であって、実際にそのように発音するかは別の問題です。

投稿: Shira | 2005.05.28 21:27

 こんにちは♪

 私の方にコメントありがとうございました♪

 私の方にも書きましたが、まさにナイショ話の声って、有気音の出始めの一瞬にそっくりですね。
 これを機にコツをつかめるかって感じです。

 っと、相互リンクのお願いにと思ったのですが、既に私のブログへのリンクが追加されているようです;
 ありがとうございます!
 私のほうにも、The Shira Blogへのリンクを追加しておきます♪
 これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: ひろーる | 2005.08.27 20:43

ひろーるさん、こんにちは。

ひろーるさんのblogは学習の足跡がよくわかるように作ってあるんですね。

私もいろいろと日付順に書いてきたものをそのうち内容別にまとめたほうがいいかな、と思っています。

発音だけでも発見の連続ですよね。語法になったらもっともっと...。

のんびり・しっかり進もうと思っています。

投稿: Shira | 2005.08.28 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/4315508

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-05-28 有気音・無気音:

« 2005-05-22 発音練習 | トップページ | 2005-05-29 干渉 »