« 2005-07-04 教材の声 | トップページ | Pimsleur教材(4) »

2005-07-09 気が付く

修訂新中国語と同時に Pimsleur Mandarin Chinese を聞いている。

以前にこのblogで
「主語+動詞+目的語 の構造だと、動詞と目的語との間隔が狭いように感じる。三拍子の第1拍と第2拍との間に微妙な間隔があり、第2拍と第3拍とが接近している。すべての文がそうではないが、かなりはっきりした傾向だと感じた。」
と書いた(2005-01-16)
動詞+目的語という単純な組み合わせ以外でも同じことを感じ、その理由を想像してみた。
我想喝一点儿东西.
この場合、「想」の後にわずかに「待ち」が入り、「喝一点儿东西」は一息で発音されている。何度も聞いていると、「(我)喝一点儿东西」という内容を「想」している、というように聞こえてくる。

動詞が目的語をえり好みする(あるいは目的語が動詞を選ぶ)ことと関連があると感じた。

|

« 2005-07-04 教材の声 | トップページ | Pimsleur教材(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/4896722

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-07-09 気が付く:

« 2005-07-04 教材の声 | トップページ | Pimsleur教材(4) »