« 2005-07-17 声調がある | トップページ | 2005-07-27 教室へ »

Pimsleur 売却

Pimsleur Instant Conversation Mandarin Chinese を終了した。なかなか効果のある教材なので、興味のある方にお分けしたいと思う。

30分で1課。全16課。CD1枚に2課収録で全8枚。
英語を使って中国語を学習する教材なので、日本語の説明は一切ない。TOEIC試験の Listening comprehensoin 部分で 400点程度なら楽に学習できると思う。課の内容が初心者向けなので、説明も簡単。
Do you remember how to say "I'd like to have some beer" in Chinese?
とか
Try to say "I don't want" in Chinese.
といった内容。

少し小うるさいかもしれないが、条件をいくつか。

1.自ら、あるいは近しい人の中国語学習に役立てていただきたい。
2.複製してばらまくことは控えていただきたい。私も手放すにあたって録音は残さない。
3.外箱・説明書は処分してしまって、ない。説明書にはたいしたことは書いていないので問題ないと考える。
4.手渡し、あるいは郵送。手渡し場所は山の手線の左半分(秋葉原・品川・渋谷・新宿)から横浜駅あたりまで。
5.手渡しなら現金。郵送なら教材がそちらに着いてからの後払い(銀行振込)。
6.当blogに過去にコメントを残してくれた方、blogがリンクしてある方優先。
7.申し込みは電子メールにて。締め切りは当blogで通知する。
8.価格は2千円(手渡し・郵送共)。
9.内容は Amazon.com の記事を参照していただきたい。

メールアドレスは当blogの「プロフィール」欄にある。

当然のことだが、知り得たメールアドレスや連絡先、送付先はこの教材の送付が終わったら処分し、他の目的に使うことはない。私の仕事・英語学習関連サイトも参考にしてどの程度の情報を私に送るか判断していただければと思う。

|

« 2005-07-17 声調がある | トップページ | 2005-07-27 教室へ »

コメント

はじめまして。zhengと申します。

Shiraさんの中国語の学習方法を興味深くをよませていただきました。

私が大学にかよっていた頃、もうかれこれ10年近く前になりますが、1年半ほど北京に留学しておりまして、大変なつかしく当時のことを思い出しました。

卒業後は中国語とは縁のない仕事に就いたため、すっかりごぶさたしておりましたが、最近ふと、また勉強したいなと思い、ネットで調べていたところです。

たまに神田の専門店へぶらっとでかけることもありますが、中国から輸入してきた教材はどうも買う気になれないし、かといっていまさら日本語で書かれた初心者向けの教材も買う気になれずに、さてどうしたものかと思っていたところです。

英語で書かれた教材があるとは全く知りませんでした。内容がどの程度のレベルなのかわかりませんが、もし他に希望の方がいらっしゃらなければお譲りいただくことは可能でしょうか?

連絡を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿: zheng | 2005.07.27 00:21

zhengさん、こんにちは。はじめまして。書き込みをありがとうございます。blogを書いていて楽しいのは、いろいろな経験をした方が訪れてくれることにもありますね。

さて、私が手放そうと思っているPimsleurは初級のそのまた最初の16課です。最後の課でも
我想现在跟你一起吃晚饭.
くらいのものです。あとは数の数え方。

おそらくzhengさんにとって物珍しさはあるでしょうけど、学習の材料にはならないような気がするんです。

私はこの「Instant Conversation」という一種のお試し版で様子がわかったので正式版を購入したのですが、Mandarin 1 は飛ばして Mandarin 2 にしました。最後の Mandarin 3 でもNHKの中級程度まではたどりつかないようです。

その代わり、知っている語彙・語法を即座に(頭から引き出して)使う要領はかなり鍛えられそうです。

日本語版があれば迷わずそちらにするのですが、残念ながら英語版だけなのですね...。

いかがでしょうか。まとめてみると、Pimsleur Instant Conversation は:
1.内容はごく初歩。まったくの初学者対象。
2.16課でも学ぶ内容はごくわずか。
3.英語で学習することには特段の損得はない。

というところでしょうか。中国語を学習したことのある zheng さんにとっては Pimsleur 方式がどんなものかを知るのに役立つ程度だと思います。

それでも2千円だからいいや、と思われるようでしたら(当初書き込みの要領で)メールをいただけますでしょうか。

投稿: Shira | 2005.07.27 21:15

Shiraさん、こんにちは。zhengです。

いろいろアドバイスいただき感謝しております。Pimsleur方式は比較的初歩的な教材のようですね。自分でももう少し探してみます。
実は最近読んだ小説の舞台が北京だったので、留学していた頃のことが懐かしくなり、また勉強したいな、と思った次第です。
仕事ではまったく中国語を使わないのですっかりサビついていますが、また始めてみようと思います。
ShiraさんのBlogには他にもためになる情報がたくさんあるようですので、もう少しじっくり読ませていただきます。

Pimsleurの教材はもっと有意義に使われる方にお譲りください。今回はいろいろありがとうございました。

投稿: zheng | 2005.07.27 22:32

zhengさん、こんにちは。
Pimsleur は学習方法としてとても興味深いんです。どんな教材でも「Pimsleur風」に編集するととても効果があると思うのですが、録音の手間を考えると現実的でないのでしょうね。

zhengさんのような先達に役立つ記事は書けそうにないのですが、私のblogからリンクをたどれるサイトには有用な記事が多くあります。

shrimpさんの
「中国語を話そう」

Aichanの
「中国語会話 グズでノロマな独習体験記」

などは学習方法を考えるうえでとても参考になります。あと、

「語学館」
http://www.polyglot-master.org/
にも多くの情報があります。

投稿: Shira | 2005.07.29 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/5117777

この記事へのトラックバック一覧です: Pimsleur 売却:

« 2005-07-17 声調がある | トップページ | 2005-07-27 教室へ »