« 2005-09-23 苦手な音 | トップページ | 2005-10-02 発音復習 »

2005-09-25 二つ目

「外国語の学習は3つ目くらいからが面白い」
という勇ましい主張を読んだことがある。

母語のほかに3ヶ国語話すと楽しそうだが、私の場合には英語に加えて中国語を身につけたら大いなる進歩だ。

中国語の学習を始める前に
「どれほどやったら(私の)英語くらい使えるようになるだろうか」
という意味のない不安があった。

英語は仕事で使ったし、日本人向けの試験では高い点数を取った(TOEIC970、英検1級)。会議の司会やパーティーの進行役も経験した。外国語だという苦手意識をそれほど感じることなく「するするっ」と英語が出てくる(出てこないときも少なからずあるが)。

ところが、学習を始めてみるとこれは余計な心配だった。むしろ、英語を使うことで中国語の学習に役立つことが多い。

第一に、外国語を使うことがどういうことかが感覚としてわかっている。私が望む程度の中国語運用能力を身につけるのはそれほど難しくないと思えるので、落ち着いて学習を進めることができる。私よりもはるかに高度の中国語を使う人を見ても絶望感や劣等感を覚えずにすむのも良いことだ。

第二に、学習の方法をじっくりと検討する余裕ができる。自分が必要とする運用能力を(英語で)体験済みなので、そのために何が必要かがわかる。何階建てのビルを建てるにはどの程度の基礎工事が必要なのかがわかるのと同じだ。

漢字を使うから・語尾変化がないから中国語は習いやすいというが、最初のうちは意図的に漢字の練習はせず、文法書は使わなかった。発音や自然なイントネーション、すばやい反応を身につけることが先だと思ったからだ。こうして基礎をしっかりさせておけば、後になって日本語との共通点(漢字)を十分に生かすことができる。

|

« 2005-09-23 苦手な音 | トップページ | 2005-10-02 発音復習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/6114294

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-09-25 二つ目:

« 2005-09-23 苦手な音 | トップページ | 2005-10-02 発音復習 »