« 2005-10-02 発音復習 | トップページ | 2005-10-09 Pimsleur Mandarin 3 »

2005-10-02 H抜け

衛星放送 SkyPerfecTV! で中国語放送をいくつか視聴できる。私にはまだ早すぎるので契約はしていないが、無料で見ることができる時間帯があるようだ。

今日はCCTVのまじめな番組と台湾の娯楽番組だった。

女性の社会進出についての座談会は米国人ゲストも招いてなかなか見ごたえのあるものだった。資本を持たずに得意な料理や家内製品で成功した女性を紹介し、会場で識者が意見を述べる。経済的に成功した人だけではなく、福祉運動に取り組んでいる女性も取り上げられていた。日本や香港の番組のように自然な流れで、中国マスコミの変化の速さを感じた。

中国南部の普通語が何度も登場したが、みごとに「H抜け」だ。十四は /sisi/ だし、这个は /zeige/ だ。でも、聞いているうちに慣れてくるからおもしろい。なんだかちょっとかわいい印象も受ける。番組の進行役は北方官話式の普通語だが、互いに意思の疎通はまったく問題ない(英国人と米国人との会話のようだ)。

台湾の番組も見たが、國語が普通語とあれほど似ているとは思わなかった。中国語を自由に使う人なら違いがわかるのだろうが、発音面では「H抜け」・「軽声なし」・「児化なし」以外にはあまり相違がないように聞こえた。

台湾のゴルフ番組では「球」を /qiou/ と発音していたのがおもしろい。普通語だと第一声・第二声では /o/ の音はほとんど聞こえないのだが。普通語にはピンインがあるので、そのつづり字の影響が大きいのだろうか。

|

« 2005-10-02 発音復習 | トップページ | 2005-10-09 Pimsleur Mandarin 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/6221828

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-10-02 H抜け:

« 2005-10-02 発音復習 | トップページ | 2005-10-09 Pimsleur Mandarin 3 »