« 2005-11-26 聞く | トップページ | 2005-12-03 聞く(2) »

2005-11-27 ノート作り

日本語を見て中国語で口に出す練習を始めようと思う。

2004-03 に学習を始めてからいままで、中心は次の3つだった。
1.中国語の発音を口・舌・息の使い方まで掘り下げて自分のものにする。
2.短い文章をCD教材を使って憶え、自分で言えるようにする。
3.教科書を読んで録音し、CD教材と比較して発音や間合いを矯正する。

中国語を日本語にしたり日本語を中国語にする練習を避けていたわけではないが、取り組む時間がなかったというところだ。

CD教材は数十回聞くので、中国語の音から日本語を通り越して情景を想像できる。特に日本語に変換する必要は感じていない。

情景から中国語を思い起こして即座に口に出す練習はそれほど簡単ではない。動きのある表現(入っていく・出てくる・取り出す等)や心理表現は挿絵などでは表現できない。日本語を読んで中国語にする他に良い方法が思い浮かばない。もっとも、中国語教室などで話す時間が十分にあれば最善の解決になると思うが。

スパイラル綴じのノートを買ってきて、見開きの左に日本語、右に中国語を書く。スパイラル綴じなので日本語のページだけを出して(ノートを半分にして)中国語で口に出し、ノートをひっくり返して確認する。

少し続けてどのような効果があるかを調べてみたい。

※ 中国語を書き写すと、句読点や引用記号の使い方の良い勉強にもなる。

|

« 2005-11-26 聞く | トップページ | 2005-12-03 聞く(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/7347768

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-11-27 ノート作り:

« 2005-11-26 聞く | トップページ | 2005-12-03 聞く(2) »