« 2005-12-29 小さなことばの大きな働き | トップページ | 2006-01-08 自然な抑揚 »

2005-12-29 音読練習法

自分が話す中国語を録音して手本と比べるととても役に立つと幾度か書いてきた。今日は実際にどのように練習しているかを紹介しようと思う。

1.十分親しんだ本文を読んで録音する
2.手本のCDを意味のまとまりごとに(短めに)再生する
3.同じ部分の自分の声を再生する
4.手本との相違を教科書に書き込む

私の場合、次のような注記が入った。注記は「このようにすれば手本に近くなる」という書き方をしている(誤りの指摘ではなく)。弱点は私個人に特有のものであることを申し添えておく。

到动物园多少钱?  「物」の u をしっかりと出す

不行,不到站不准停车。 「不」を短く

您看,警察在那儿站着呢。  「看」「站」は前寄りの明るい a

越急越出错。  「急」の二声をはっきりと

对不起,不是我不想帮您。  「不是我」を続けてなめらかに

罚了二百,真够多的。  「多」はそれほど高くない

我以为路口没警察,没想到,我刚开过去,
変調の「我」・「没」の二声をはっきりと。
「刚」は高く、「开」はやや低く。

好让我们每天都放心呢。  「都」はやや弱く。

こうした注記を見てから音読すると見違えるように自然な口調になる。問題を問題として認識すれば解決することができるのだ(なんとなく違う、では改善できない)。

英語をかなり自由に使う人の中にも、強弱や高低に頑固な癖を残している人が多い。英語では心情の細やかな表現を強弱・高低・緩急を使って伝える(日本語に比べて)ので、自分勝手なイントネーションは意思の疎通に深刻な問題を引き起こす(特に相手が外国人の相手をあまりしたことがない母語話者である場合)。
「まあ、それも問題だよね」のつもりが「それこそが問題なのだ!」のように伝わってしまったりするのだ。

そして、このような癖は話せば話すほど、音読すれば音読するほど強化されていくので始末が悪い。私が用心深く中国語の学習を進めているのはこの経験があるからだ。

癖のない言葉がどれだけ気持ちよく聞こえるかの例として北京出身者の日本語を聞いてみてほしい。NHKラジオ英会話教室入門編でおなじみ容文育氏の「やさしい日本語」の発音は普通語・日本語共に白眉だ。

|

« 2005-12-29 小さなことばの大きな働き | トップページ | 2006-01-08 自然な抑揚 »

コメント

仰るように容文育さんの日本語発音が秀逸な由に惚れ(^^;ネイティブ発音の理想として『簡明日語』は私も毎回聴いております♪

投稿: Saito | 2006.01.02 18:24

Saitoさん、本年もよろしく。
>>惚れ(^^;
そうなんですよ。
容文育ファンはけっこう多いのではないでしょうか。
テレビに出ないかなーと思っています...。

関係ないのですが、ベトナム語の担当者は違った意味でイイ感じですよ。わかりもしないのについ聞き入ってしまいます。

投稿: Shira | 2006.01.03 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/7893006

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-12-29 音読練習法:

« 2005-12-29 小さなことばの大きな働き | トップページ | 2006-01-08 自然な抑揚 »