« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の9件の記事

2006-06-27 現実の切り取り方

私が通う中国語教室で最初にすることは、参加者が短い文を作ってきて読むことだ。

いまのところ私は抽象的なことを扱うのを避け、なるべく五感(見・聞・嗅・味・触)で表せることを文章にしている。小学生の作文のような文を正しく即座に組み立てて、表情豊かな表現(発音・強弱)で言う練習はとても大切だと思う。これができていないと、難しいことを言おうとしたときに大変な苦労をするはずだ。

そして、抽象的なことを話す段階になると、漢字に親しんでいる日本人学習者は西欧言語を母語とする学習者に大きく差をつけることができる。これも学習の楽しみの一つだ。

この段階では過去に教科書で学んだ内容をほとんどそのまま使うので、講師が文法の誤りを直すことは少ない。

それでは訂正が少ないかというと、そうでもない。直される点は、主に論理の進め方だ。

1.ある事象を述べるときに、その前提(理由)を日本語よりも具体的に焦点を絞って説明する必要があるようだ。

2.なにかを述べるときに、価値判断(結果の状態)をはっきりと表現する傾向が強い。

言いたいことの全般を「ふんわりと」伝えようとする日本語に対して、ものごとの順序のとおりに、目に見えるように、白黒がはっきりするように(ときにはやや強引に)「きっちりと」伝えようとする中国語。

「日本語から学ぶ中国語・中国語から学ぶ日本語」(王 浩智 東京図書)で著者が主張する、現実の「切り取りかたの違い」を思い知るばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-25 自主トレ応援

学習サイト「中国語を話そう」で shrimp さんが「自主トレ」の学習仲間を募集していたが、応募多数で満員になったようだ。手ごたえのある学習をしたいという人が集まるのは頼もしい限りだ。

shrimp さんは
>>そして流暢に会話できる人は朗読もすらすらできるのです。
と書いているが、これは真実だ。言い方を変えると、文意に沿って朗読できない人が会話で元気に話せるとは考えづらいのだ。中国語の運用能力がどのくらいあるかは、簡単な教科書(NHKラジオ中国語会話の応用編や北京大学等の中級教材)を初見で(準備なしでその場で)読んでもらうとだいたいわかるはずだ。

英語でも同様だ。The Economist のような飾り気のない材料を初見で読めば、英語の語感があるかどうかは数秒で判明する。経済・社会用語になじみがなければ、テレビドラマのせりふでやや長いものを使うのも良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK 簡明日語

NHKがインターネット上に公開している「やさしい日本語」は日本人が中国語を学習するときにも役立つと思う。


1.中国語の母語話者が使う学習材料なので、自然な中国語が聞けそうだ。
2.内容は初歩の日本語学習なので、難しくない。

最近サイトを一新して、音声材料と原稿とが選びやすくなった。講師はNHK中国語講座に出演していた容文育で、中国語も日本語も耳にとても心地よい。

中国語の内容は難しくないが、講師と同じ速さではっきりと言える学習者はそれほど多くないはずだ。このくらいの速さで明瞭に発音できるようにしておけば、学習が進んだときに非常に助かるのは間違いない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-06-19 不思議な上達

お恥ずかしいことに健康管理上の理由でしばらく中国語の練習を休んでいた。具合が悪くなると電車の中で教材を聞く気力も衰えてしまうようだ。

頬の奥の違和感が軽くなり、久しぶりに気持ちよく声を出して練習した。自分の声(録音)を教材の声と比べて少し驚いた。頑固な「日本人らしさ」がかなり少なくなり、自然な抑揚で読めている。これはどうしたことだ。

短い時間でもできるだけ毎日練習するのが良いような気がしていたが、そればかりでもないようだ。これからは時間の配分を意識的に多様にしてみよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自主トレ

中国語学習の大先輩である shrimp さんのサイト「中国語を話そう」にいつのまにか「自主トレ参加者募集」のページができている。

shrimp さんは標準的な学習方法を基礎にして自分に合った練習を考案してきた。だから「自主トレ」の内容もごくあたりまえのものだ。何が必要か・重要かがわかっている人は意味のない楽観や悲観とは無縁なものだと感心する。

残念ながら私はこの「自主トレ」に参加するほど学習が進んでいないので、いまのところはひそかに応援させてもらおう。

関東自主英語学習サークルの古参である「溝の口英会話サークル」に断続的に数年間参加してきた経験が shrimp さんの参考になればと思い、少し書いておく。

・自らの練習場と割り切り、来る者は拒まず、去る者は追わぬがよい。
・他にもたくさんの学習サークルがある。自らの方針をはっきりさせるがよい。
・自らの時間的・金銭的犠牲はできるだけ少なくするがよい。
・実利がなければいつでもやめるつもりで始めるがよい。
・他人は変えられぬ。
・桃李不言下自成蹊。

溝の口英会話サークルは週1回の活動で410回以上続いている。創始者はとうに活動を停止しているし、中興の祖ともいうべき人は活動休止中だ。参加者がわずかニ、三人で参加費収入が会場の使用料に足りないときもあったし、世話人不在で廃止を討論したときもあった。

現在は毎回十数名の参加者を迎え、自主・実利の方針を堅持してますます盛んである。英語の基礎的な技能を少しずつ練習している地味な活動だが、参加することで何らかの「手土産」を持ち帰ることができるので人が集まってくるのだろう。

「この集まりではこういうことをします。役に立つと感じたらまたおいでください。そうでなければご縁がなかったのですね」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最高の教材があるのに

中国語の学習を始めようとしている方がいたらぜひ心に留めていただきたい。

発音とピンイン表記とをしっかりと自分のものにすると、その後がとても楽だ。
音声つき辞書は不要になるし、テレビで聞いた知らない字も書き取っておくことができる。
そして、日本人がコンピュータに中国語を入力するにはピンイン変換が現実的な選択だろう。音のままにキーボードを打てば良いのだ。

とても良い教材がたくさんあるのに、発音が心もとない学習者が多いのはどうしたことか。

発音の学習については、このblogに多数のすばらしいサイト・blogをリンクしてある。ぜひそうした記事を読み、著者の主張を理解し、自分の判断に役立ててほしい。学習方法は自分で決めないと、他人(学校・教師)に決められてしまうことになる。

発音を学習する心構えとしてすぐれているもの:
1からチャイニーズ
の記事 ※ このサイトで教材を販売しているが、私は使っていないので評価を控える。

Dr. Ikai's Digital Lab
にある
養豚家の中国語農場

発音の学習材料としてすぐれているもの:
東外大言語モジュール

ALC 中国語発音塾

上記の内容だけでも正しい方法でしっかり学習すれば、中国語教室の門を叩いたときに
「どうやってそんなにしっかりした発音を身につけたのか?」
と講師に質問されるはずだ。(教室を見学したとき、すべての講師にこの質問を受けた。)

そして、市民教室などで広く聞かれる自分勝手な誤った声調を聞くと「助けてくれ」と叫びたくなるだろう。

録音した自分の声と手本との違いがわかるようなら独習でもかなりの成果があがる。なお、これができない人もいるので、そういう人は信頼できる教師に助けてもらうことが必要だろう。

2006-06-17 追記
上記「これができない人もいる」について:
自分の発話が手本と相当に違っているにもかかわらず、その録音と手本とを聞き比べても違いに気づかないということ。声調だけではなく、子音や母音でも同様のことがある。

このような場合には教師はいくら手本を示して「そうではなくて、こうだ」と言っても学習者には通じない。口の中の空洞の作り方や舌の位置、唇の形を説明しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-10 休息休息

顔の右半分、頬骨の奥というか眼球の下方というか、そのあたりが痛い。上の奥歯が痛むのにも似た感じがする。

副鼻腔炎ではないかと思う。前回は30年ほど前だが...。

明日は仕事を休んで写真(X線)をとってもらおう。

人間は弱いもので、このうっとうしさがあるだけで学習をする気がずっと萎えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-04 テレビ

中国のテレビ放送をときどき見ている。週末はSkyPerfecTV!の加入促進のためか中国語放送にも無料時間帯がある。

まず法律事務所ドラマ「律政佳人」
これは米国の Ally McBeal と Sex and the City とを足して二で割ったような、と言えばご存知の方にはわかるだろう。つまり、「ありえない...」という娯楽弁護士ドラマ。若い女性が活躍する弁護士事務所、バー、デザイナースーツ、BMW、コミカルな演出...。

2004年の作品で、中国ではかなり人気があったらしい。画像・音声共に高品質で、聞き取り学習の材料として良さそうだ。都市の専門職が話す内容は学習者にも適している。普通語・簡体字字幕。

Sina.comに紹介記事がある。

料理番組
素人参加の低予算料理選手権。なかなかおもしろい。出演者がカメラに向かって説明するときにはみごとな普通語なのが印象的。調理用語がわかって楽しい。それにしても一食分2元から8元で立派な料理ができるとは。牛膝(イノコズチの根)と鹿筋(鹿のアキレス腱)との鍋などどいう薬膳が家庭料理に出てくるところが中国だ。このおかげで弱っていた足が良くなったという。

中国にも「料理の鉄人」のような企画があるようだ。炒飯の勝負。
1.十皿の炒飯をどれだけ早く作れるか。
2.炒飯を使った創作料理。
3.目隠しをして調理。
さすがに手の動きに迷いがなく、鍋の動かし方は豪快。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-03 授業開始

中国語教室の二回目に行った。新宿区でも有名な歴史ある飲み屋街「荒木町」。その中でも自動車が通れない「柳新道通り」に中国語教室というのは不思議な組み合わせだ。居酒屋以外の建物はこの中国語教室くらいだから。

教師一人の個人教室で、教師は昼は大学、夜はこの教室で教えている。まったく疲れを見せないのには恐れ入る。

私が入った中級課程の参加者は5人。話す機会はそれほど多くはないが、他人の質問から学ぶことも多い。

参加者はとてもまじめで、熱意ある講師と相まって授業時間内の集中力はすばらしい。このような集まりは偶然の産物で、幸運だ。私もいくらかの寄与ができればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »