« 2006-11-12 最終課 | トップページ | 2006-12-03 大きくとらえよう »

2006-11-19 自然な切れ目

自然な間合いについて:

中国語を聞きながら内容がわかるためには、音から意味(漢字)を即座に再現していく他に、自然な間合いに敏感になる必要がある。強弱・緩急には必然性があるのだ。

初级汉语口语提高篇 第十八课
我爱听我爸爸讲他过去的经历.
皆さんご存知の謙語式の文(pivotal sentence)だ。
1.我爱听我爸爸
2.爸爸讲他过去的经历
という二つの意味を伝えている。

この文を読むときに一箇所区切るとすると、それはどこだろうか。私が予想したのは次の二つだ。

ア 我爱听 我爸爸讲他过去的经历.
イ 我爱 听我爸爸讲他过去的经历.

アは「爱听」することが好き、イは「听」することが好きという考え方だ。

録音教材ではどう言っていたか。
ウ 我爱听我爸爸 讲他过去的经历.
である。

謙語式の文では節ではなく、語に焦点を合わせるのだろうか。そのうちに教室で尋ねてみようと思う。

|

« 2006-11-12 最終課 | トップページ | 2006-12-03 大きくとらえよう »

コメント

英語のSVOC構文の読み方と似てますね。

投稿: ふうみん | 2006.11.23 10:18

ふうみんさん、こんにちは。

あ、そうですね。言われてみるとそんな感じもします。英語だと O と OC との間に間合いを取ると OC の意味がだいぶ強調されますね。聞き手の期待をちょっと高めるというか。

中国語は重要なことはどんどん後ろに置かれる言語なのでこのような切れ目になったのかもしれません。

もっとも、学習教材なので、単に学習者にわかりやすいようにはっきりと切れ目を入れただけかもしれませんが...。

投稿: Shira | 2006.11.26 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/12746360

この記事へのトラックバック一覧です: 2006-11-19 自然な切れ目:

« 2006-11-12 最終課 | トップページ | 2006-12-03 大きくとらえよう »