« 2006-12-16 中国語学校見学 | トップページ | キヤノン G90 »

2006-12-17 遅れてきた気づき

学習者の皆さんは有気音と無気音とにしっかりなじんでいるだろうか。私は恥ずかしながらごく最近になってようやくわかってきたところだ。

学習を始めたときから発音教材(解説・録音)をいろいろと使ってきた。それなりに理解したつもりになったし、聞き取りでも混同することはない。自分で発音して中国人教師に通じないことは一度もなかった。

しかし、有気・無気の区別は私の頭の中ではどうしても清・濁(有声・無声)の区別として把握してしまっていたようだ。日本語に存在しない区分だから、自動的に日本語で親しんできた区分に「変換」してしまうのだろう。英語学習者には「カタカナ汚染」(*1) として知られている現象だ。

話すとき・聞くときに、xi は「シー」、qi は「チー」、ji は「ジー」のように脳が変換してしまう。この例はそれほど深刻ではないが、r や sh、zh の音でカタカナ発音をするとそれはもはや普通語ではない。もちろん母音でも同様で、かなり学習が進んだ人でも油断すると簡単に a が「ア」、i が「イ」u が「ウ」になってしまうことがある。

困ったことにこの「変換」は非常に頑固で(*2)、意識的な学習を繰り返してもひょいと顔を出してくる。


この数週間で録音教材の聞こえ方が少し変わってきた。無気音が「有気音マイナス息の出る音」として認識できるようになったのだ。音が高いと(一声・二声・四声だと)ba は「バ」ではなく、息の出ない「パ」なのだと素直に聞けるようになった。無気音はけっして弱く発音するものではなく、「息を出さないようにしっかり出す」音だという感覚が身についてきた。


教科書を読んでわかったつもりになっても、実際に正しく聞いて発音しているかどうかは怪しいものだ。忍耐強く正直で、創造的な練習を考案できる指導者がいれば学習はずいぶん容易になり、成果は大きいだろう。

(*1) 鵜田豊氏のサイト・著書によって広く知られるようになった。
(*2) このおかげで相当ひどい発音の日本語を聞いても理解ができるのだろう。

|

« 2006-12-16 中国語学校見学 | トップページ | キヤノン G90 »

コメント

はじめまして^^
中国語1年生のものです。
ココログで中国語の家庭教師とやり取りをしたいな~と思い色々見ていたらshiraさんのblogを見つけました。
この使われているテンプレートなら、コメント欄にでも简体字が表示できるようですが、「フリー」で示されるリッチテンプレートにはこのような見た目のものもなく、色々みても、コメントで简体字を表示できるものも無いように思われるのですが、これは何と言うテンプレートですか?
また、フリーのテンプレートで简体字を表示できるものをご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?

投稿: necton2000 | 2006.12.18 22:31

necton2000さん、こんにちは。
私が使っているのは cocolog basic のテンプレート「清流」だったと思います。

cocologのテンプレートと中国語表示については Shuaige さんのblog 中国語自習帳 が参考になります。

http://shuaige.cocolog-nifty.com/hanyu/cat2724114/index.html

簡体字表示をする人には excite の人気が高いようです。

うまくいくといいですね!

投稿: Shira | 2006.12.23 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/13096382

この記事へのトラックバック一覧です: 2006-12-17 遅れてきた気づき:

« 2006-12-16 中国語学校見学 | トップページ | キヤノン G90 »