« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の7件の記事

V70お分けします

電子辞書キヤノンV70を売却します。私の学習を十分に助けてくれましたが、G90を導入したので本棚で眠りにつきそうになっていました。使っていただける方がいればなによりです。
・2004年4月購入
・本体は完全に動作します。
・付属のイヤフォンはありません(あまりに安っぽいので捨てちゃいました)。
・全般的に良い状態です。
・「訳」キー(確定キー)の印刷文字がすり減って消えました。
・説明書あり・箱あり。
・送料共8,500円(後払い銀行振り込み)

搭載辞書や機能についてはメーカーのサイト等を参照し、ご自分で理解のうえ購入を判断してください。動作不良の場合、不良箇所を特定のうえ当方発送後30日以内に返品していただければ代金を全額返却します(送料は負担願います)。

ご希望の方はメールにてご連絡をいただけたらと思います。アドレスはblogの「プロフィール」欄を参照してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キヤノン G90

私が愛用している辞書は講談社の中日辞典です(電子辞書キヤノンG90版)。

このG90、2006年12月に購入したんですが、今使っているのは3代目。初代は電源が入らなくなりました。二代目は液晶にタテ筋が入るようになりました。いずれもメーカー保証期間内だったので販売店で交換です。

ヨドバシカメラマルチメディア横浜の店員は店頭でささっと不具合の確認をして、ただちに在庫新品に交換してくれました。不具合に対する不満よりも、店員のサービスに感心しちゃったほどです。こういうのを「損して得取れ」というのでしょうね。少なくとも私はまたこの店で買い物をすると思います。

機能をたくさん詰め込んだから故障が出やすいのかどうかはわかりませんが、三代目にはこの先がんばってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-02-24 臨時セッション

非営利の学習会「自主トレ」に若い参加者がいます。勉強熱心で基礎はしっかりしているようですが、発音で苦手なことがあるようです。

1.自信を持てない音がいくつかある。
2.連続すると不自然になる音の組み合わせがある。

少しのヒントでぐんと伸びるような気がしたので、自主トレ活動の後に近所のカフェで少し実験をしてみました。

学習する方法を自分でいろいろ考えることが上達には必要なので、「学習の気づき」に重点を置くことにします。

今日は次のことを中心に説明しました。

1.学習の方法はとても大切だ。
2.学習方法を考えるには、素直な観察・知的好奇心・柔軟な着想が大切だ。
3.言語の発音には合理性がある。

こんな抽象的な主張を納得してもらうには、その場で効果が確認できる具体的な練習を体験してもらうことが必要です。今日もいくつか「手品」を披露しました。結果は大成功で、今後の学習につながるヒントを持ち帰っていただけたようです。どうしても苦手だったことがちょっとした練習で見事に克服できるのを見ると、人間の柔軟さにしみじみ感心します。

私はプロの教師ではないのですが、他では得られない視点を提供したという手ごたえがありました。また、他人に説明することで私にとっても参考になることもたくさんありますね。学習方法の研究には「どう伝えるか」・「どう伝わるか」が欠かせません。

学習者に合った練習方法をその場でどんどん作り出すと学習効果がものすごく上がりますね。これができるようになったのはフルートを以前教えてくれた先生のおかげです。毎週知的な刺激を与えていただきましたが、その経験はほとんどそのまま外国語学習に役立てることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-02-12 ノート

中国語学習に役立つ情報がたくさん詰まった Marie さんの blog 「Mandarin Note」で学習ノートが話題になっています。

ノートですね...。不精なためか、英語の学習・資格試験の準備、そして中国語の勉強でノートを活用したという記憶がないんです。

ノートというのは「整理」なんでしょうね。私はめんどくさがりなので、
「整理は教材の著者がすでにやってくれてるから、いいや」
という方針で進んできました。

言語の学習には瞬発力が必要だと思うので、どんどん読める・ささっと書ける・通して聞ける・ぱっと口に出して言えるための練習を大切にしています。そうするとどうしてもノート出番が少なくなります。書く練習はストックフォームの裏に書き捨ててしまいますし...。

自分で整理が必要なときにはノートを使います。溝の口英会話サークルでスピーチをするときの原稿はノートに万年筆で書きますし(*1)、職場での仕様書や記録はソフトウェア「ロータス・ノーツ」にどんどん書いています(*2)。初級漢語口語の本文や練習問題はワープロで和文にしてクリアフォルダに入れています。それを見て中国語で言う練習をするわけです。

*1 ノートは Clairefontaine、万年筆・インクは Pelikan
*2 自宅・職場の両方で親指シフトキーボード FMV-KB611 を使ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-02-04 壁

学習活動「自主トレ」の聞き取り課題を聞いてたら、初めてわからない箇所が出てきました。

前後の流れから単語(漢字)想像するほど語彙力がないので、聞こえたようにピンインを電子辞書に入力して調べています。この方法ではそれらしい語が出てこないとお手上げ状態です。もう少し想像力が働くといいんですが。

はっきりと読んでいる教材なのに辞書で引けないのには参りました。

まあ、「こう言ってるはず」で埋めてしまうよりも、音に忠実に取り組んだほうが後々のためになりそうだとは思って進んできた道なので、必然のなりゆきか...。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

強力な組み合わせ

音読練習の環境を改善しました。なかなか具合が良いので紹介しておきますね。

・教材を聞く
MP3ファイルをPC上で再生するソフト「おこしやす」で再生するようにしました。「おこしやす」は録音から原稿を起こすためのソフトで、区間再生がとても容易です。私はキーボードのファンクションキー(Fキー)に再生・巻き戻し・早送り・一時停止を割り振っていますが、とても快適。教えてくれた cowley さん(サイト「旧雨」の著者)には頭が上がりません。

・自分の声を録音する
サイト「中国語を話そう」のshrimpさんお勧めのテープレコーダ ソニー TCM-939 を入手しました。

内蔵マイクはテープ走行音を拾ってしまうので外部マイク端子付が条件でしたが、この機種にはちゃんとありました。カラオケ用の安いマイク(千円くらい)をつないでいます。

このテープレコーダは shrimp さんの紹介のとおりキーがとても押しやすいんです。メーカーが「おけいこテレコ」と呼ぶだけのことはあります。録音・巻き戻し・再生の動作が手早くできて学習がはかどります。

松下電器やアイワにも外部マイク端子付のテープレコーダがありますが、店頭で試したところキーの押しやすさは ソニーのものが一番でした。

・比較する
教材を聞きながら自分でも発音してテープレコーダで録音します。適当なところで止め、教材と自分の声とを比較します。

私は数文字単位で個別の発音や声調を比較し、次に文章単位で「流れ」・「中国語らしさ」を比べています。なくて七癖、問題がどんどん見つかって楽しいものです。

この学習の利点は発音向上だけではなく、発音をより身近にすることで聞く能力を伸ばすことにもあると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-02-03 労少なくして功多し

「自分が話す中国語を録音して、自分で聞いてみましょう」

今までこのblogで何度か呼びかけてきたことです。

勉強会「自主トレ」の課題を読んで録音してみましたが、自分の癖が実に良くわかります。きっと中国語を聞くのにも慣れてきたので、以前にはわからなかった自分の問題が聞こえてくるようになるんでしょうね。

今日の収穫は、ga や no、la で始まる語の前で一瞬鼻にかかった音が出てしまっていたことです。「ンッ」というか「ウッ」のような音がかすかに鳴っていました。再生して気がつけば直すのはそれほど難しくないですね。

軽く明るく発音するようにしたら自然になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »