« 2007-05-04 昔の癖 | トップページ | 2007-05-13 「慣れ」 »

2007-05-04 そり舌というけれど

そり舌音についてはいろいろと言われていますが、昔ながらのわかりにくい説明が幅をきかせているのが残念ですね*。

舌先の位置ばかりに重点が置かれていて、次の大事なことをあまり説明していません。

1.舌の側面はどうなっているか
2.舌の奥はどうなっているか
3.そういう舌の形から、呼気はどう出てくるのか
4.どんな音を出すためにそういう形にするのか

そして、困ったことに口の中のメカニズムを説明することに慣れていない教師(特に、「発音できちゃう」中国人教師)は舌先の位置だけをまねした音が正しくないことはわかるので、
「そうじゃなくて、舌先をこうするんだ」
と、音が正しくない原因に関係ない指摘をして学習者を困惑させてしまうようです。

* 英語で th で舌を上下の歯ではさむようにするとか、f で下唇を上の歯で噛むようにするとかいう(一番大事なところからずれた)説明もいまだに死に絶えないですね...。

|

« 2007-05-04 昔の癖 | トップページ | 2007-05-13 「慣れ」 »

コメント

こんにちは~。
だいたい「そり舌音」っていう名前も曖昧なんじゃないかなあ、と思っております。かつて言われていた「巻き舌音」よりは格段に勘違いが減る名前だとは思いますけれど。
「舌尖後音」と呼んで「舌尖前音」と対比させるテキストも有りますけど、Shiraさんがおっしゃるように
  1.舌の側面はどうなっているか
  2.舌の奥はどうなっているか
  3.そういう舌の形から、呼気はどう出てくるのか
  4.どんな音を出すためにそういう形にするのか
を説明しないと分かりませんよね。
そこらへん、私は日本人で日本語がぺらぺらなので、教える時はラクですが、あまり日本語が得意でないネイティブの先生は苦労しているみたいです。
直接法で中国語で教えるときは、相手が中国語をまったく理解しないのに、どうしているんでしょうね?

投稿: 小桜 | 2007.05.06 22:38

小桜さん、こんにちは。

完全に中国語だけの環境だと、初学者が発音を身に付けるのはちょっと無理かな、と思います(というか、ほぼ確信)。

発音は正しく学べばそれほど難しくなくて、将来にわたってずっと役に立つ財産なのですが、きちんと指導できる人がまだまだ少ないのは残念です。


ここから先は小桜さんではなく、そのほかの学習者に:

Wikipedia のピンインの項はけっこう充実しています。このくらいは中国語を学習する人はだれでも読んでおくとずいぶんと役にたつのですが...。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%B3%E9%9F%B3

見たことのない記号が出てきますけど、その記号で表す音こそが普通の音、正しい音なのです。国際音声記号は西欧言語の表記が楽になるようにできているという批判もありますが、とにかく音が「違う」ということを知るためにも一度はさらっておくと良いと思いますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E8%A8%98%E5%8F%B7

投稿: Shira | 2007.05.09 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/14955612

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-05-04 そり舌というけれど:

« 2007-05-04 昔の癖 | トップページ | 2007-05-13 「慣れ」 »