« 強力な新刊書 | トップページ | 2007-05-22 おそれ »

2007-05-20 ほんとうに習っているのか

日下教授の発音教科書の名は
「アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音」
ですが、この「アタマで知り、カラダで覚える」という姿勢は大好きです。とりわけ成年者が外国語を学習するときには忘れてはならないと思います。

中国語学習を始めてから今まで、発音のメカニックな点(発声器官の使い方・日本語との相違)を自分なりに納得するまで考えてきました。この投資は今になって大きく成果を返してくれていると思います。

「ほんとうにこの音なのか」
「どのように練習すればうまくいくのか」
「身についたかどうかはどうやって確認するのか」
こんなことを考えながらやってきましたが、悩んで考え込んでしまうこともなく学習を続けることができました。

日本に中国語教室は数ありますが、いくつか体験入学をしてみた経験からすると、かなり多くの教室で教師が発音指導をあきらめてしまっているのかもしれません。学校側は効率的な学習方法を考案できないでいるし、学習者も発音の練習をつまらないものだと思ってまじめに取り組まないからなのでしょう。

学習が進んだ人も、つつみ隠さず発音を判定してくれる教師に診断をしてもらうと得るものが多いと思います。

大事なことを伝えたい相手が(あなたの発音がわからないために)首をかしげ続けるようでは、何のために外国語を学習しているのかわからない...。

|

« 強力な新刊書 | トップページ | 2007-05-22 おそれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/15143856

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-05-20 ほんとうに習っているのか:

« 強力な新刊書 | トップページ | 2007-05-22 おそれ »