« 2007-09-03 成語というけれど... | トップページ | 2007-09-15 ささやかな宣言 »

2007-09-15 自分の声を聞く

学習仲間の協力を得て、「自分の中国語を聞く会」(仮称)を開けそうです。

特にすごいことをするわけじゃなくて、今までに使って親しみのある教材を読んで、それを録音・再生して問題点を検討するだけです。

単純なことですが、非常に学習効果が上がると見込んでいます。

1.自分の中国語を録音して聞く人はけっこう少ない。
2.他人の前でマイクに向かって話すと、実際に中国語を使うのに似たほどよいプレッシャーを受け、実力がわかる。
3.なぜ同じようなことを(教師に)注意されるのかがしみじみわかる。

多くの人は
「えー!! 私の中国語、こんなに頼りないの??」
と思うんですが、答えは
「そのとおり。それが相手に聞こえるあなたの中国語です」
としか言いようがないんですね。

定義できない問題は解決できないのですから、目の前に実力を突きつける録音練習に大きな効果があるのも当然といえます。

英語で類似の練習をして、半日で見違えるように問題を解決する人がいました。自分に対するフィードバックがうまくいった例ですね。

|

« 2007-09-03 成語というけれど... | トップページ | 2007-09-15 ささやかな宣言 »

コメント

shiraさん、こんにちは!おひさしぶりです。発音の大切さ、しみじみ実感しております。ある程度自分の中国語に密かな自信がついてきた中検2級くらいの頃に、自分の発音を録音してネイティブの先生にチェックして頂いたとき、恥ずかしくて顔から火のでる思いをしたことがあります。この恥ずかしい気持ちが原動力となって今に至るわけですが、どんな言語でも、この恥ずかしさを乗り越えていくことが、私にとっての、いわゆる語学の“壁”突破なのかなあと思っています。
人の顔は人によって磨かれるといいますから、先生との会話の実践は、家での訓練のよい指標になると思ってます。ひたすら家で研ぎまくって、真剣勝負を繰り返しています。なまくら刀でも、研がずにさび付かせた銘刀に負けない切れ味が出せるようになるといいな。
きょうは、shrimpさんの聴写専科のスクーリングに初めて参加します。鍛えて頂ける場があると言うことはうれしいことです。

投稿: くろぴょん | 2007.09.16 08:08

ご無沙汰です。
テレコに自分の発音を吹き込んで聞くようにしています。
それだけで自分の発音がいかに下手なのか分かり、
非常に効果の上がる学習法だと感じています。

ただ、テレコを聞いて正しく発音できていると感じる音もあるのですが
これはもう大丈夫ということでしょうか?
それとも実は正しくなかったりするのでしょうか?

ちなみに中国大陸へ出張に行って小姐に自分の発音のことを尋ねると、「すごいね、標準的な発音だよ」と言われます。
彼女達は私のいい加減な発音でも「標準だ」というので
あてになりません。
(標準音を知らないのかそれとも外人にしては上手いと思っているのか分かりません)

投稿: Y | 2007.09.19 17:58

こんにちは。
録音してますか!すばらしい!

「そのうちにやってみようかなー」

「やってみました」
との間の違いは大きいと思います。

>これはもう大丈夫ということでしょうか?
>それとも実は正しくなかったりするのでしょうか?
ここが難しいところで、OKを出せる音かどうかを判断するのは信頼できる人に任せるのが良いようですね。

私の場合ですと、「自主トレ」で達人に毎週聞いてもらっているのと、松本洋子さんのクリニックを受けて客観的に聞いてもらえたのも良かったです。もちろん(発音にうるさい)中国人講師の励ましもありがたいものでした。

投稿: Shira | 2007.09.19 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/16458086

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-09-15 自分の声を聞く:

» 自分の発音を聞いてみた。 [照顧脚下]
中国語をはじめて4年。 その間、自分が発音している中国語を客観的に聞いたことがなかった。 唯一、学習はじめの頃、単語以前の発音練習の時にちょっとやっただけ。 いつも参考にさせていただいているブログ、「中国語を使いたい--効率的学習法を求めて」で、Shiraさんが、自分の発音を聞く事がどれほど大切かを繰り返し述べられている。 そうだそうだ、と思いながらも録音機材がない、とかいつかやろう、などと一向に埒があかず。 しかし、今の私は進化した。 「やろうかな?」と思ったことは、... [続きを読む]

受信: 2007.09.30 10:08

« 2007-09-03 成語というけれど... | トップページ | 2007-09-15 ささやかな宣言 »