« 2007-12-22 次の学習へ | トップページ | 2007-12-26 力を入れる »

2007-12-23 思い出そうとはしない

「えーと、あれ、何て言うんだっけな...」
外国語を話しているときこうしてひっかかってしまう人が多いようです。

思い出そうとしているんですね。これはけっこう難しいです。会話の流れとは別の方面にエネルギーを使うことになるんでしょうね。

そういえば、英語を話すときに詰まることがめったにありません。説明するのは難しいのですが、きっと以下の「入り込み型」で話しているからでしょうか。

【思い出し型】
過去に習った言い方を記憶から引き出して話していく。水をバケツでくみ上げる感じでしょうか。

【入り込み型】
過去に習った(経験した)ときの教材や状況に自分が入り込んでいく。自分から水の中に入ってしまう方法とでも言いましょうか。謝るときには「あの」謝罪シーンに自分を放り込む。人をだれかに紹介するときには教材の「出会う」の課にトリップしてしまう。

実はこの二つは同じことなのかもしれません。ただ、「○♯$△」という「考え・言いたいこと」から日本語を介して外国語に至るまでの時間をほとんど意識しないときには、後で思うに「入り込み型」だったんじゃないかと感じます。

あと、「入り込み型」では自分で使える表現しか使わない(使いようがない)のも止まらない原因かもしれません。

|

« 2007-12-22 次の学習へ | トップページ | 2007-12-26 力を入れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/17451551

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-12-23 思い出そうとはしない:

« 2007-12-22 次の学習へ | トップページ | 2007-12-26 力を入れる »