« 2008-01-14 ChinesePod | トップページ | 2008-01-16 どうした主催者? »

2008-01-15 音から入る

学習を始めたときから、意味がわかるから聞き取れてしまう状態になる前に発音を徹底して身につけようと考えていました。

見ればわかる語句を聞き取れないという経験を英語ではけっこうしてきました。書き取りをして不明な箇所を印刷物でみると
「なあ~んだ、そう言っていたのか...」
となるわけですね。

中国語の学習ではこれは避けたいと強く思いました。学習が進んで単語が頭に浮かぶようになる前にピンインで聞こうというわけです。これはそれほど簡単ではなくて、今でもときどき書き間違えます。それでも「中国語ジャーナル」のニュース録音くらいだとまず間違えることなくピンインで書けるようになりました。

音はわかるけど漢字を知らないという状態には到達したようです。
「なんだ、これなら(見れば)読めるよ」
ではなく、
「あの音(ピンイン)は書くとこんな漢字なのか」
というわけです。

当初の計画はまずまずうまくいったようです。他人にも勧めることのできる方法ではないかとも思います。

この学習方法には副作用もあるようで、録音教材で習った語は割と早く定着するのですが、本から覚えた語はなかなか使えるようになりません。文法の問題集で何度も書き取るよりも、朝の通勤途中でMP3プレーヤを使って聞いた方が記憶に残ります。

今後は文字を見てピンインで発音が確認できた段階で記憶できるといいな、と思っています。

|

« 2008-01-14 ChinesePod | トップページ | 2008-01-16 どうした主催者? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/17705057

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-01-15 音から入る:

« 2008-01-14 ChinesePod | トップページ | 2008-01-16 どうした主催者? »