« 2008-01-20 リンク集として | トップページ | 2008-01-23 ちょっとだけ、あの感じ »

2008-01-20 高き山に登るには

外国語の学習に基礎練習は欠かせません。五階のビルを建てるときと五十階のビルを建てるときとでは必要になる基礎が違います。将来どの程度の中国語運用能力を身につけるつもりなのか、いまいちど考えるのもいいかもしれませんね。私も中学生に戻れるものなら雲を突くような理想を掲げて学習してもいいんですけど、成人になってからの学習では「出力/入力」の比率も考えなければなりません...。

教材や学習方針を考えるときにちょっとしたパラドクスがあると思っています。基礎が大切だとわかっている人は自ら基礎を大切にした学習をするので、そういう人に対して「基礎をしっかりやりましょう」と言う必要がない。基礎学習が本当に必要な人は、その重要性を理解しないので基礎学習に真剣に取り組まない(あるいは、学習の方法を真剣に考えない)。他人が薦めても大切さがわからない。

あれに似てます。高速道路の橋に掛けてある「安全速度で走ろう」の横断幕に。あれを見て速度を落とすような運転者はそもそも適正速度で走っている。大幅に速度超過する人(標語に従ってほしい人)は読んだって気になんかしない。

「勉強はやっぱり○○」
「××だけ勉強法」
こういう甘言に釣られてしまう人には基礎での努力を強調する記事を読んでもらえないかもしれません。

|

« 2008-01-20 リンク集として | トップページ | 2008-01-23 ちょっとだけ、あの感じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/17766142

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-01-20 高き山に登るには:

« 2008-01-20 リンク集として | トップページ | 2008-01-23 ちょっとだけ、あの感じ »