« 2008-01-20 高き山に登るには | トップページ | 2008-01-27 中国での交渉事 »

2008-01-23 ちょっとだけ、あの感じ

「中国語の文法弱点克服問題集」の3回目は1ヶ月で終えることができました。全部で19課ですから、1日1課はなかなか難しかったことになります。今回は付属CDをずいぶん使ったので、例文の「調子」が身についたように思います。

もっとうれしいのは、学習3年10ヶ月にしてようやく中国語の文を自然(身近)に感じてきたことです。形容詞(句)・副詞(句)・補語と動詞との位置関係がわかってきた気がします。

大学受験の頃の英語学習を思い出しました。語法・文法の問題を解くときに、正解した理由をうまく説明できない。誤った文を見分けられる理由は「だって違うんだもん」でした。普通語の学習もこの状態に少しは近づいているのかもしれません。

学習の方法は人それぞれですが、長い文・複雑な文も、短い文がしっかりわかれば理解できるというのが私の基本的考え方です。外国語を実際に使うときには「棒ほど願って針ほどかなう」ものですから、文の骨組みが即座に出てくるようしないとその次(さらに複雑な内容)につながらないと思っています。

中級漢語口語の会話文も通勤の時間を使って口を動かして練習しているので、例文の語句を入れ替えて自分の言いたいことを言えるようになってきました。

言語学習は運動に似ているところがありますね。自転車に乗ったり、スキーで曲がったり、クラブやラケットで球をとらえたりするその瞬間には考え込んではいません。自然にバランスを取り、手足が動く。

運動に似ているといっても、何十年も前の「根性」方式は良くないですね。力ずく(単なる回数など)では解決できないことがたくさんあります。

これからも細心の注意で学習法を考え、柔軟に練習を組み合わせていきたいと思います。

|

« 2008-01-20 高き山に登るには | トップページ | 2008-01-27 中国での交渉事 »

コメント

しっかり勉強していますね!
私も、この問題集、買ったままずっと本棚に置きっぱなしだったので、今年から始めることにしました。
いざ始めてみると、ほんの短い文章でもすんなりと書くことは難しいとつくづく実感しています。完全に自分の身に染みこませるまで使ってみようっと。

追伸:最近ブログを始めました~。くだらない内容で、Shiraさんのような中身には到底及ばないものですが、よかったら遊びにきてください。

投稿: はっちゃん | 2008.01.28 18:45

はっちゃん、こんにちは。

同じ教室に通って同じ学習会に行ったんですが、はっちゃんはだいぶ先に行っちゃいましたね~。C.Test で B とわ!

今年も遅くともしぶとく進みます。

投稿: Shira | 2008.01.30 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/17804947

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-01-23 ちょっとだけ、あの感じ:

« 2008-01-20 高き山に登るには | トップページ | 2008-01-27 中国での交渉事 »