« 2008-05-27 中国語ならではの | トップページ | 2008-05-31 学習の効果 »

2008-05-29 基本事項は常に復習

どんな学習でも、
「これは、こんなものなのだ」
「これで、よい」
と自分の心の中に「。」(句点)を打ってしまうと、成長の機会を失うように思います。

重要なこと・今後の学習の基礎になることはたいてい学習初期に教材に登場しますから、そういったところを復習することは重要ですね。

もちろん、進んだ教材にも基礎の部分は当然含まれていますから、復習は自然と行われているはずです。ただ、英語学習者を観察して気づいたのですが、基礎の部分を意識的に「つかまえなおす」ことを実行する人は意外と少ないようです。

中国語でも、発音や文の要素を折に触れて新鮮な心で確かめてみることは大事だなあと最近強く思います。
「こうだと思っていたけど、違うんじゃないかな?」
「参ったな。本当はこうだったのか!」
という経験は、ある程度学習が進んだからこそ可能です。この楽しさを逃す手はありません。

私にとっての基礎部分は
・発音
・漢字1文字ごとの意味
・語順の基礎(動詞を中心にした「土星とその輪」体系 © 遠藤光暁)
といったところでしょうか。

語順では、いまのところ
状語(副詞句)+動詞

動詞+目的語
とを的確に使う感覚が課題かなーと感じます。英語の他動詞(vt)と自動詞(vi)との区別にもちょっと似ていて、日本語の母語話者が意識的に学習しないといけないように思います。

例:
A 我对这个城市当然了解
B 我当然了解这个城市

この他には目的語が1つなのか2つなのかどうかの判別も課題かな~(2つの目的語が続く動詞は数が少ないので丸憶えでもいいですけど)。

|

« 2008-05-27 中国語ならではの | トップページ | 2008-05-31 学習の効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/41360652

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-05-29 基本事項は常に復習:

« 2008-05-27 中国語ならではの | トップページ | 2008-05-31 学習の効果 »