« 2008-08-24 やはりご都合主義あり | トップページ | 2008-08-26 新しい勉強場所 »

2008-08-24 微妙に違う文字

中華人民共和国が定めた簡体字の中には、日本で使っている字とよく似ていて実はちょっと違う、というものが多いですね。私が最近気づいたのは「手」です。縦画がまっすぐなんですね。

学習を始めたころに気づいたのは「隹」(ふるとり)の3画目のテンの向きです。日本字の「主」のテンと同じ向きに打つので面食らいましたが、なんとなく簡体字のほうが自然なような気もします...。

でっつさんのブログ「大連雑学事典」の簡体字解体新書8を見ていて思い出しました。

私はキヤノンの電子辞書 G90 を使っていますが、この辞書の筆順表示機能はとても便利です。画面に大きく正しい(とされる)筆順で字が書かれます。このおかげでバランスがなかなか取れなかった「长」もきれいに書けるようになりました。

|

« 2008-08-24 やはりご都合主義あり | トップページ | 2008-08-26 新しい勉強場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/42262660

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-08-24 微妙に違う文字:

« 2008-08-24 やはりご都合主義あり | トップページ | 2008-08-26 新しい勉強場所 »