« 2008-08-31 なんとなく、だったものを | トップページ | 2008-09-06 これから学習する方へ »

2008-09-06 簡体字

簡体字には
「よくぞ思い切って(ここまで切り詰めた)」
と思うものがありますね。学習を始めた頃に見た 几・业・杂・书・个・儿・华 など、強烈な印象でした。

古来から表意文字として伝わってきた漢字を、漢字の元締めである中国がこんなにしちゃっていいのかと思う人もいるでしょう(私もけっこうそう思います)。

ただ、日本の漢字もけっこう省略されていますね。区・渋(區・澁) のように大胆に略したものもあるし、臭・突(本来の「犬」を無視)のようにわずか一画を減らして漢字の成り立ちを無視してしまったものもあります。

程度の問題なので、簡体字を感情的に批判するのはちょっとどうかな、というのが私の立場です。

簡体字の「ごんべん」(例:说)や「しょくへん」(例:饭)、「もんがまえ」(例:问)などはメモを書くときに使いたくなります。

台湾や香港に旅行して 圖 劃 臺 灣 龜 鹽 といった字をごくあたりまえに使っているのを見ると、けっこう大変だと思いますね。

|

« 2008-08-31 なんとなく、だったものを | トップページ | 2008-09-06 これから学習する方へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/42397275

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-09-06 簡体字:

« 2008-08-31 なんとなく、だったものを | トップページ | 2008-09-06 これから学習する方へ »