« 2008-09-14 ようやく貯まってきました | トップページ | 2008-09-15 習得に長くかかった音 »

2008-09-15 進歩について

学習の手応えをどのように得るかは学習者によってさまざまだと考えます。どんなときに進歩を実感するのかという尺度は自分だけのものなのでしょう。インターネットの恩恵で多くの熱心な学習者の記事を読む機会がありますが、進歩のとらえかたは人それぞれだと感じます。

ある人は検定試験が励みになると言います。ある人はドラマ・映画がわかるようになって進歩を実感したそうです。普通話で会話をすると大きな達成感があるでしょうし、以前よりもずっと多くの中国語の本を読めるようになったと気づく人もいます。

進歩のとらえかたが多様だということは、学習方法についての考え方・感じ方も当然学習者によって異なるのだろうなと今更ながらに思い当たります。

他の人の学習方法や書籍による(学習方法の)知識は大いに参考にしながらも、ある種の自信をもって「勝手に」学習するのも悪くないはずですね。このブログでいろいろと書きつづっている学習方法は「私の」方法であって、他の人に安易に勧めるわけにはいかないぞ、という(当然の)ことにふと気づき、とりあえず書き留めておきたくなりました。

|

« 2008-09-14 ようやく貯まってきました | トップページ | 2008-09-15 習得に長くかかった音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/42481165

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-09-15 進歩について:

« 2008-09-14 ようやく貯まってきました | トップページ | 2008-09-15 習得に長くかかった音 »