« 2008-11-24 中国語養成ギプス? | トップページ | 2008-11-30 メールボックスがいつの間にか »

2008-11-24 番外(英語)

一頃ずいぶん話題になった Steve Jobs (アップル社最高経営責任者)のスピーチを聞きました。米国スタンフォード大学で2005年の卒業式に招かれたときのものです。

Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address

すばらしい。

話の内容はこの人にしかできないものであり、卒業式という場にぴったりのもの。具体的な出来事をちりばめて説得力があります。そしてほれぼれするような標準米国英語。どの部分も立派な英語の教材になります。文法でも、読解でも、発音でも...。

このスピーチを一言一句漏らさず聞き取る日本の英語学習者は何万人、ひょっとすると何十万人といるでしょう。私も一度で完全に(固有名詞を含め、つづりがわからない単語は皆無)聞き取れます。

中国語でもこうした話を同程度に聞き取りたいと強く思いました。そして話せるようになりたいとも。

|

« 2008-11-24 中国語養成ギプス? | トップページ | 2008-11-30 メールボックスがいつの間にか »

コメント

本当に分かりやすくて、
ある日突然英語が聞き取れましたっていうのが
こういう英語に限りますよね。

ご紹介有難うございました。

投稿: sharon | 2008.11.29 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/43213148

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-11-24 番外(英語):

« 2008-11-24 中国語養成ギプス? | トップページ | 2008-11-30 メールボックスがいつの間にか »