« 2009-04-19 要注意な音にはわけがある | トップページ | 2009-04-25 日本ならでは »

2009-04-21 xie の音を少し変える

「中級漢語口語」(北京大学出版社)の録音教材をMP3プレーヤに入れて聞いています。付属CDは昨年あたりから以前のオーディオCDからMP3フォーマットに変更されているので、持ち歩きや編集が便利になりました。

重阳节 chongyangjie の最後 jie の音ですが、私が出す音が教材の音とちょっと違うのに気がつきました。普段ですと自分の声を聞いてから気づくのですが、今回は珍しく聞いているだけで突然「あ、ちょっと違う」と思いました。

教材の音声の ie は私が頭の中で作る音よりも明るく聞こえます。調音位置が前よりで、口腔内の容積が少ない響きですね。私の場合、わずかに下あごを前に出す感じで発音すると手本の音にぐっと近くなりました。

徹底的に発音を学習するというわけでなくても、せっかく気づいたときには少し注意を向けてみると収穫は大きいものですね。

|

« 2009-04-19 要注意な音にはわけがある | トップページ | 2009-04-25 日本ならでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/44740707

この記事へのトラックバック一覧です: 2009-04-21 xie の音を少し変える:

« 2009-04-19 要注意な音にはわけがある | トップページ | 2009-04-25 日本ならでは »