« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の8件の記事

2009-04-26 気づくときに気づく

週に一度の中国語教室の授業が終わり、教室があるビルを出て歩き出します。何気なく 「去」 [qu] の音を出してみました。おや、今までと感じが違います。

力を抜いて発音したためか、軽く「キレ」のある発音です。正しく出そうとする「雑念」が抜けた純粋な音。ああ、これは私がこの数年追い求めていた音です。こんなに身近にあったとは。

実は、この日は教室に行く前に自分の音読を録音して練習し、いくつか問題点を見つけて「チューニング」をしていました。そのときにはまだ力の抜けた良い音には到達していなかったはずです。

教室に行って、教師のすばらしい朗読を 1m の距離で聞いたことが何らかの影響を及ぼしたに違いありません。

他の音はどうでしょうか。ああ、他の音からも力が抜け、やわらかくはっきりした音になっています。これはいい。


今まで少しずつ発音の練習をしていましたが、上達は直線的ではなかったように思います。基礎がだいたい出来上がると、その後はなんらかの「気づき」がないと自分の発音を変化(進化)させることができません。やっかいなのは、こうした「気づき」の「素」は、学習者本人が意識しないうちにすこしずつ溜まってくるらしいのです。そして、なにかのきっかけを得て表面に出てきます。

しばらくの間、せっかくつかまえた軽くてはっきりした、明るい感じの発音と遊んでみたいと思います。

----------------------------------------
今日の一曲は Tokens で The Lion Sleeps Tonight です。小学生のころ耳にしたのを思い出します。初出から30年以上後のライブ演奏は衰えをまったく感じさせません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-26 理由がある

なるほどねぇ。

Dango

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-25 日本ならでは

Sushi01

ん?

Sushi02

なるほど...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-04-21 xie の音を少し変える

「中級漢語口語」(北京大学出版社)の録音教材をMP3プレーヤに入れて聞いています。付属CDは昨年あたりから以前のオーディオCDからMP3フォーマットに変更されているので、持ち歩きや編集が便利になりました。

重阳节 chongyangjie の最後 jie の音ですが、私が出す音が教材の音とちょっと違うのに気がつきました。普段ですと自分の声を聞いてから気づくのですが、今回は珍しく聞いているだけで突然「あ、ちょっと違う」と思いました。

教材の音声の ie は私が頭の中で作る音よりも明るく聞こえます。調音位置が前よりで、口腔内の容積が少ない響きですね。私の場合、わずかに下あごを前に出す感じで発音すると手本の音にぐっと近くなりました。

徹底的に発音を学習するというわけでなくても、せっかく気づいたときには少し注意を向けてみると収穫は大きいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-19 要注意な音にはわけがある

中国語教室で発音の「ダメ出し」をしてもらっています。
前回は ng が「鳴っていない」という指摘をいただいたので、一週間後は少し丁寧に読んでみました。

今回は ng についての注意はなし。ですが、こんどは意外な音について「不十分」と...。

山 shan の a が少し「狭い」というのですね。この前の ng と同様、先を急いで口の動きが「日本語化」したからでしょう。母語の影響は細菌やウイルスみたいなもので、(文章が難しかったり速度を上げたりして)こちらが弱っていると増長しますね...。今回指摘を受けたのは a だけなので、他は及第だったということでしょう。

発音については
「それほど気にしなくても通じますよ」
と言ってくれる方もいますが、教師が一つだけ指摘するのですから、やはり不自然だったのでしょう。日本人は「日本語ネイティブフィルタ」を通して聞くので中国語の a も日本語の ア も同じに聞いてしまうのですね。

教科書のとおり、口の中の容積が大きくなるように、そして暗い音にならないように、そして速い流れの中でもあわてず自然に出せるようにするよう気に留めておこうと思います(あまりガチガチに意識するとかえって良くないので)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-17 暗唱、慣れるとけっこう進む

毎週の個人授業で、「中級漢語口語」の会話練習をしています。私が1分ほどの内容を記憶していって、教師に教科書を渡して相手になってもらいます。

中級漢語口語の録音教材はややゆっくりですが、1分を超えるとちょっとしたひとかたまりの会話になります。今週の部分を書いてみましょう。
玛丽:那你们去爬哪座山呢?
王峰:看情况,要是重阳节赶上周末,我们就跑得远一点儿,找一座有名的山去爬。
玛丽:中国有哪些有名的山呢?
王峰:有名的山太多了。泰山、黄山、庐山,你要是爬高一点儿的山,还有珠穆朗瑪峰。
玛丽:那我哪爬得上去啊,还是在学校附近找个小山爬吧。欸,重阳节年轻人都去爬山,老年人怎么办呢?
王峰:老人能爬山的也爬呀。除了爬山,很多地方专门给老年人组织一些娱乐活动,有些城市还把这一天定为敬老日,组织年轻人帮老人做些事情。
玛丽:想得真周到。那,重阳节也可以说是老人的节日了。
王峰:没错。

先々週・先週も同じくらいの分量を暗唱したので、3分ほどの会話を続けて再現できるようになりました。

今回勉強になったのは、さりげなく使われている数量詞ですね。
这是怎么回事?
做些什么?
干些什么?
做些事情

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-13 発音を直していただく

こんにちは。

ちょっと久しぶりになった中国語教室ですが、自由会話ではけっこう(実力の範囲内で)言葉が出てきました。

さて、朗読です。エッセイ集「小点心」から二題。文章の理解を妨げるような問題はないのですけど、やはり改善点を指摘されます。前回教えてもらったのに今回も注意されたのが ng の音です。私の場合、十分に音が出ていないそうです。

以前このブログにのどをゆるめて、音を飲み込むような感じで出すと(私の場合)楽に良い ng が出ると書いたことがありますが、どうもそうでもなくて、やはり気持ちよく鼻腔で音が鳴る感じが必要なようです。

教師は相当厳しく「ダメ出し」をしてくれますので、他がまずまず良くできている分 ng の不備が目立つのでしょうか。ありがたいことです。

教師の指摘は
「先を急ごうとしているように聞こえます。音が十分に出ていませんでしたね」
というものでした。

もう一つ指摘があったのが、一声+四声の出し方。「依赖性」 yilaixing ですが、yi を一声で出した後、lai は改めて高いところから始めるつもりで出しましょうとのこと。なんとなく続けて発音してしまうと、yi の一声でがんばったためか、どうしても lai の始まりの力が抜けがちになるようです。

教師は実に鮮やかに読むので(声の表情も豊か)、気づく点が多いですね。
----------------------------------------
今日の一曲です。The Animals の House of the Rising Sun です。画像は 1964年。So ahead of time...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-12 久しぶりの中国語教室、楽しい

中国語教室にちょっと久しぶりに行きました。年度末の休みが2週、楽しみにしていた新年度第1回は私の仕事の都合で参加できなかったので、3月14日以来です。

「教師と学習するって、いいもんだな」と思いました。自分の好きな学習に少しばかりお金をかけることができて、必要な本も買えてありがたいことです。

今回は仕事で出会った問題や日本人の電車内のマナーなど、抽象的な内容の話題を持ち出したのでけっこう苦労しました。教師は興味のある話題になると容赦なく話してくるので(私が理解できているのがなぜわかるのでしょうか)聞く方もたいへんです。内容豊かで、録音すれば良い教材になりそうなお話なのですが、メモを取るのが間に合いません...。

自分の話したいこと・聞きたいことを材料にすると学習の成果が上がることは実験で確かめられているそうです。教科書・参考書を使う学習も大切にしながら、会話にも力を入れていきたいですね。何かを言い出したら、一つの文章を最後まで言い切るようにもしたいものです。一つの発話に一つの話題を乗せ、それを中国語の文章として完成させる。内容が少しくらい拙くても、語法が怪しくても、「文章」にすれば直す方法もあるというものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »