« 2009-05-31 発音の学習方法--独学か通学か(1) | トップページ | 2009-06-05 音読は有効か? »

2009-05-02 発音の学習方法--独学か通学か(2)

中国語(に限らず他の言語でも)の発音を習得するには、優れた指導者がいると良いことが多いと思います。

そして、ここで言う「優れた指導者」は、中国のアナウンサーや大学教授ならだれでもなれるというものではありません。日本人の学習者が労少なく目的の水準に達するのを力強く手伝える指導者は、次のような教師ではないでしょうか。

1.目的言語(中国語)の手本を示せる
2.学習者の母語(日本語)と目的言語(中国語)との違いがわかり、それをあの手この手で説明できる
3.学習者それぞれの個別の問題点を指摘し、それを解決する練習方法を考案することができる
4.どのように注意を払って練習すればいいかを学習者に示すことができる

理想の教師陣は、(標準的な発音の中国人+指導で実績のある日本人)という二人組でしょうね。
・中国人は例を示し、学習者の「出来上がり」に可・不可を出す
・日本人教師は発声器官の使い方や日本語との違いを説明する


「(手本と)違う」ときにはどこがどう違うのかを分析して、さまざまな方法で練習してみるのが大切ですね。運動選手が試合のために筋力トレーニングや柔軟体操、走りこみをするように、発音学習にも「手本をまねる」以外の練習が重要だと思います。
・できない箇所があったら
・何が良くないかを分析して(緩急・高低・大小・唇・舌・口腔・声門・呼吸・姿勢などなど)
・一度に一つの要素に意識を集中して
・極端も試して
・別の要素との統合を図る


以前に何度もこのブログに書いたのですが、自分の発音を録音して教師と共に研究するのは非常に効率の良い学習方法です。録音した自分の声を聞いても問題点に気づかない学習者もいますが、それでも録音しないよりはずっと効果があります。自分の声を客観視して「まな板に載せ」、それを教師と共に「やっつける」のは楽しいですよ。


chstd さんが書いていらっしゃるように、発音の習得は一時期だけの問題ではありません。文法の学習をしても、会話の練習をしても、長文を読んでも発音の練習になります。折に触れ自分の発音を調整し、だんだんと通じる音を楽にきれいに出せるようになるはずです。自分でわかっている・できていると思っている音についても、ときどき大きな改善点があることに気づいたりしてらせん状(スパイラル)に上達していく(慣れていく)のではないでしょうか。


英語の発音学習を手伝って思い知るのは、学習者それぞれの違いは驚くばかりということです。「だれにとっても最高」という学習方法はありません。独学でうまくいく人、日本人教師が必要な人、中国人教師と組んで最高の成果が出る人、さまざまでしょう。どんどん声を出して、指導者と一歩でもいいから前に進むのが大切ですね。そうすると次の課題が見えてくることと思います。


ということで、「独学か通学か」それ自体はたいした問題ではなくて、この問い以前の「自分に合った方法は何か」について試行錯誤したり先輩学習者の意見を聞いたりするのが重要でしょうね。私は英語学習時代から学習サイト・ブログに興味を持ったら著者にメールを出して会いに行くのはごく自然だと思っていましたが、そうする人はけっこう少ないのですね。学習は奥深いものなので、先輩・教師の「まるごと」を体験するのも良い経験ではないでしょうか。

|

« 2009-05-31 発音の学習方法--独学か通学か(1) | トップページ | 2009-06-05 音読は有効か? »

コメント

私は約3年間、中国語会話を趣味で学習をしている者です。英語で発音の大切さが嫌なくらい身にしみたので、最初から毎週北京出身の女性についてマニアックな発音練習ばかりやったので発音に関しては結構自信があります。(今はくだらない世間話ばかりですが)よく不満そうな顔をされるのは明天の発音です。天の発音につられて明がin の発音になってしまうのと、2声が上手にできていないようです。発音のみに関して言えば日本人にとっては英語の発音の方がはるかに難しいのではないでしょうか。趣味でやっているタイ語の発音(文字)も難しいです。

投稿: 陸一心 | 2009.06.03 21:24

陸一心さん、こんにちは。
習い始めに本場の教師がいたのはいいですね!

おそらく陸一心さんの「明天」は全く問題がなくて、他が立派な分教師には気になるのではないでしょうか。

私も ng について久しぶりに注意を受け、少しトレーニングをしました。

ng の音が出る「時間」を確保すると(私の場合)うまくいきました。二声はなかなかやっかいで、
「手に持った荷物を頭上の棚に乗せる」
感覚で練習しました。

普段何気なく聞いているドラマの音声でも、四声はいいかげんなようで実はしっかり出ていると感じました。


英語の発音が難しい点については大いに同意です。個別の音の問題のほかに、音がつながったり弱くなったり(消えたり)するのも強敵ですね。

投稿: Shira | 2009.06.05 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/45211670

この記事へのトラックバック一覧です: 2009-05-02 発音の学習方法--独学か通学か(2):

« 2009-05-31 発音の学習方法--独学か通学か(1) | トップページ | 2009-06-05 音読は有効か? »