« 2009-06-17 自主トレ快走 | トップページ | 2009-06-21 声調は大げさが吉 »

2009-06-20 上には上がいる

土曜は「自主トレ」の日です。参加者はだいたい習熟度が同じくらいでしょうか。募集の趣旨がうまく反映されたのだと思います

今日初めてお目にかかった参加者は発音がほぼ完全に標準的でした。聞いていて安心というか、気持ちがいいのですね。音を聞くと漢字や文の構造がさーっと頭に入ってきます。

この「相手に負担をかけない」というのは、外国語を話すときには意外と役にたちます。私は政財界の大物でもないし、ノーベル賞受賞者でもありません。相手がいっしょうけんめい聞いてくれるにしろ、その努力には限度があります。相手に「わかっていただく」ように情報を発信するのには意味があるはずです。

中国語だと、口を開いた最初の0.5~1秒が勝負かなと思います。ここで中国語に特有の声調が十分に出れば、相手は
「あ、これは中国語だ(かもしれない)」
と思ってくれます。

声調が平板だと(こういう日本人は実に多い!)、相手は
「何語だろう?」
と身構えることになります。料理店の中国人店員に話しかけるほろ酔いの日本人おじさまが良い例ですね。

多くの日本人が英語や中国語で話しかけるとき、第一の関門は
「私は英語(中国語)で話していますよ!」
というシグナルが相手に伝わらないことだったりするんです。

日本語の音韻は世界の中でもかなり単純なので、外国人が日本語を話すと日本
人にはその努力がすぐにわかります。日本人がそのつもり(なんとか音は通じるだろう)で英語や中国語を話すと、相手は
「ん?これはひょっとして英語(中国語)かな?」
と気づくまでの時間がけっこうかかるんですね。

英語や中国語には日本語の音からすると「謎の音」が多すぎますから...。

さて、自主トレでお目にかかったこの方、個々の音が正確だけではなく、中国語特有の「母音を声門閉鎖で始める」ことが完全にできているのがすごい。それほど意識している様子ではないので、素質によるところも多いのかなと感じました。この声門閉鎖、かなり上手な人でも最後の決め手になる部分ではないでしょうか。これが「決まって」くると、中国語らしさがぐっと違ってきますから。

私と同じくらいの段階の学習者でこれだけの発音を聞くことはそうそうありません。今日は
「参りました。顔洗って出直してきます」
といった思いでした。

どこかで次のようなことを聞きました。
相手が自分よりちょっと劣るかなと思うときには両者の実力はだいたい同じ。同じくらいかな、と思うときにはまず間違いなく相手が一枚上手。相手のほうが少し上手かなと思うときには、相手の実力はずっと上。

|

« 2009-06-17 自主トレ快走 | トップページ | 2009-06-21 声調は大げさが吉 »

コメント

>「相手に負担をかけない」

これは素晴らしい考えですね。
たまたま外国での新しい生活が始まったタイミングということもあり「はっ」としましたflair

投稿: mi_to310 | 2009.06.23 10:37

mi_to310 さんは外国語が仕事言語・生活言語なのに、改めて「はっ」とできるなんてすごいと思います。

まあ、世界は英語を話していると無邪気に信じている相手に対しては、ときどき
「こっちの苦労も知らないで...」
と言いたくなりますけどねー。

投稿: Shira | 2009.06.24 17:53

shiraさん

初めまして。中国語を学習しているものです。

中国語らしい中国をしゃべりたいと常々思っています。

この記事が目に留まりまして、詳しくお聞きしたいのですが

中国人特有の「母音を声門閉鎖で始める」とは、
どういった状況のことを言うのでしょうか?

「西安」をxi′anと発音する時の“-an”の部分の事でしょうか?

常識的なことであったらすみません。
私は初級レベルです。

投稿: m | 2012.05.06 19:01

mさん、こんにちは。
返答が遅くなりましてすみません。

前に何もないときの母音(文頭や短い間の後)は声門閉鎖を伴って出すようです。
明治大学加藤教授の説明がわかりやすいかと思います。

http://www.geocities.jp/cato1963/chinvu2.html

中国人の発話を聞いているとわかるのですが、全ての母音を声門閉鎖で始めているわけではないようです。西安 xi'an の an はその前に i があるので、改めて声門を閉じるのが一般的かどうか、私にはちょっとわかりません。ぜひ信頼できる指導者や中国人に確かめてみることをおすすめします。

なお、母音を出すときに声門閉鎖をしない場合があるのは信頼できる筋で確認しています。

投稿: Shira | 2012.05.13 22:50

shiraさん、回答ありがとうございます。

すみません。何だか難しい事を聞いてしまったようで。

私は中国人の発話を聞いて、これが「声門閉鎖」、これはそうではない…とか言うのは全く聞き取れないだろうと思います。

その耳をお持ちなだけでもすごいと思います。

私はそういった訓練を受けてきませんでした。無知でとても恥ずかしいです。

ですが本当に参考になりました。今後の学習に取り入れていきたいと思います。

ありがとうございました。

投稿: m | 2012.05.14 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/45400544

この記事へのトラックバック一覧です: 2009-06-20 上には上がいる:

« 2009-06-17 自主トレ快走 | トップページ | 2009-06-21 声調は大げさが吉 »