« 2009-11-08 HSK受験してきました(1) | トップページ | 2009-11-12 HSK参考書 »

2009-11-09 HSK受験してきました(2)

さて、試験内容です。初回の受験ですが、自分にできることはすべてできたので、さわやかな気分で帰路につけました。よく寝た効果かもしれません。

聴力試験がはじまって一瞬びっくり。唯一持っている問題集「HSK中国汉语水平考试应试指南(初,中等)」と比べると冗談のように簡単です。特に第一部分・第二部分は初中等ではなく基礎の問題ではないかと思ったくらいです。

ぬか喜びはそこまででした。第三部分は問題集よりは簡単そうでしたが、内容の理解はおぼろげで、自信を持って解答できたのはわずかでした。出題形式に慣れていないのと、音はわかっても意味がわからない語が多すぎですね。学習が足りないことをしみじみ感じました。

語法・読解・穴埋めも「HSK中国汉语水平考试应试指南(初,中等)」よりはだいぶ楽で、見当もつかないという問題はありませんでした。初回受験なので時間が心配でしたが、あわてなくても間に合うことがわかったのは収穫です。

読解問題では、耳から聞いたら絶対にわからないような文章でもどんどん読めてしまいます。中国語の能力だけではなく、漢文・国語の力(素養)もかなり影響するのではないかと感じました。聴力が追いつかないと嘆くのではなく、日本人の有利さだと思って感謝すべきでしょう。


採点結果はちょっと見当がつきませんが、「初、中等」の試験ですから、中等の入口である6級は取得したいですね。私の場合、聴力が級を決定することになると思います。


難問・奇問がなく、ある程度問題数も多いので、この試験は学習進度のモノサシとして使えそうです。しばらくしたらまた受験したいですね。試験のための学習をしなくても、良い素材(標準的な中国語)を使った教材で学習していけば、やがては「点がとれてしまう」状態になる...といいのですが。

|

« 2009-11-08 HSK受験してきました(1) | トップページ | 2009-11-12 HSK参考書 »

コメント

Shiraさんのように音声面に強くて基礎が充実している方なら、HSKの問題とは相性がいいのではないでしょうか(語彙量の問題はあったとしても)。それと、中国製の試験には中国製の教材が相性がいいような気がします。結局は、留学生が使っているような口語系、読解系の総合教材をシリーズで揃えるのがいいのかもしれません。

投稿: chstd | 2009.11.10 07:08

HSKも听力でShiraさんの得点を上回ることを目標にしてる私です…。(^_^;

投稿: Saito | 2009.11.10 11:51

chstdさん、こんにちは。

そうですね...中国制作の教材とHSKとの親和性は感じます。今回の読解に出た重陽節は「中級漢語口語」に非常に近い内容の課がありましたし。話の流れや価値判断が中国的といいましょうか。

投稿: Shira | 2009.11.10 15:39

Saitoさん、移動おつかれさまでした。きっと私より点取れていると思いますよ~(こんなことに自信あっても困りますが)。

投稿: Shira | 2009.11.10 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/46712010

この記事へのトラックバック一覧です: 2009-11-09 HSK受験してきました(2):

« 2009-11-08 HSK受験してきました(1) | トップページ | 2009-11-12 HSK参考書 »