« 2009-11-29 音声教材 | トップページ | 2009-11-30 音読(聴読中国語) »

2009-11-30 たくさん読む

中国語学習の方法としてよく目にする「多听多说多读多写」は(身もふたもないけど)真実ですね。


英語の雑誌との付き合いが長くなりました。米国 TIME を4年ほど読んだ後に英国 The Economist に鞍替えし(両方読む気力はありませんでした)、約7年になります。

全ての記事を読むわけではありませんが、興味深い記事を拾って全体の半分くらいは読んでいるでしょうか。高校の教科書一冊くらいの量の大人の英語を毎週読むのですから、特に英語の学習をしなくてもかなりの訓練になっているように思います。年間購読していると音声版も無料で聞けるので、目をいたわりつつ耳から「読む」こともできます。


中国語もこのように「使う」ことを考えないと...と思います。Web上で読める記事を使って、時間と分量とを決めて取り組んでみようかとも思いますが、まだ決心がつきません。お家騒動で注目された「财经」など、気になりますが...。

|

« 2009-11-29 音声教材 | トップページ | 2009-11-30 音読(聴読中国語) »

コメント

中国の雑誌”读者”は如何でしょうか?

投稿: arip | 2009.11.30 23:21

HSKの問題集に
「こんどの担任は生徒に対する要求が厳しく、《读者》を購読するよう求めた」
というのがありました。国民的雑誌なんですね。この雑誌を通して中国人が一般にどのような記事を読むのか、つまり売れる記事はどのようなものかが見えてくると思います。

读者に対する私の感想については、よろしければ 2009-10-31 の記事およびそのコメントをご覧ください。

http://shira.txt-nifty.com/shira_blog/2009/10/2009-10-31-b73d.html

この雑誌を読む場面としては、たとえば空港や駅で待っている間とか、中国鉄道の旅の車中がしっくりしそうです...。

投稿: Shira | 2009.12.01 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/46893162

この記事へのトラックバック一覧です: 2009-11-30 たくさん読む:

« 2009-11-29 音声教材 | トップページ | 2009-11-30 音読(聴読中国語) »