« 2010-01-22 今日の一枚 | トップページ | 2010-01-28 大いなる謎 »

2010-01-27 総称の「你」?

英語では you を使って自分・相手・その他大勢を指す言い方をよくします。We(ウチら)と言うとその対比としての they(ヤツら)を暗示してしまうし、they だと「あなたと私と」が抜けてしまう。

中国語でも你を同様に使うことがありそうです。

中级汉语口语2 p.118 にこんな例がありました。

「現代の若い女性はデートの相手がお金持ちなのか家を持っているのかを気にすることもある」という男性の発言を受け、女性が切り返す場面です。

玛丽:*如果要是你在和男朋友约会的时候,想的是他有没有钱,有没有房子,怎么会和他真心相爱?

この場面での登場人物は男性三人、女性一人(玛丽)ですから、この「你」はその場の特定の誰かは指していないと解釈できます(同性愛者を扱った外国向け教科書を中国で出版しているのなら話は別ですが...)。

ここで玛丽が「我」と言わないのが新鮮でした。
「(英語の)不特定の you みたいだ…」

* 如果 →要是 後日訂正しました。

|

« 2010-01-22 今日の一枚 | トップページ | 2010-01-28 大いなる謎 »

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。とても
勉強になります。

你を総称に使う例は頻繁に見かけます。英語と同じくらいか、ほんの少し少ないか、くらいだと思います。
あと、theyに当たる用法で「人家」もよく見ます。日本語だと、「ひと」とか「ひとさま」に当たる感じでしょうか。
むやみに受動態を使えないので、一般人称の使用頻度はどうしても高くなると思います。

投稿: 象鼻山 | 2010.01.27 20:44

 大丈夫です、誤植じゃありません。象鼻山さんもおっしゃってますが、割とよく出てきます。わたしもこの用法に気づいた時はなんと言うか一種の驚きがありました。そして、自分が使えた時は一種の喜びというか達成感みたいなものがありました。

投稿: けい | 2010.01.27 21:22

私は単にこれは、

もしも(あなたが女性だとして、そして)あなたがボーイフレンドとデートのとき、考えることが彼がお金持ちかどうか、家があるかどうかだとしたら、どうして彼と心から愛し合っていると言えますか?

ということだと思うんですけど……。你は目前の相手を指していると思います。

立場を入れ換えて考えてみて、といいたいわけですが、もしもあなたがガールフレンドとデートとすると……と話すと、財産とか家でなく、たとえば容貌とかスタイルになるわけで、これだとニュアンスもずれてしまいます。だからこういうしかないんじゃないでしょうか?

総称の用法なら、如果(もしも)はやや冗長な気がしますし。自信はないので今度、老師に確認してみます。

投稿: akira | 2010.01.27 22:57

ちょっと気になったのですが、英語で
If you are ....
という文章で you が総称用法になることは結構あるのでしょうか?

投稿: akira | 2010.01.28 10:02

いろいろとご意見をいただけて、ブログを書くとシアワセなこともあるなあ、と感激しています。

象鼻山さん
昔々に桂林に行ったときに象鼻山を見ているはずなのですが、姿を思い出せません...。

口語会話の教科書では初めて目にしたのでブログ記事にしましたが、教えていただいたようにHSK読解の問題文にはドカドカ使われていました。

「你」を使って書き始めて、いつの間にか「我们」にすり替わっていったりしてました。このあたり、けっこう「ユルい」のではないかと思いました。

けいさん
けいさんからもそう聞くと安心ですね。私の場合、「你」のこの用法や使役の謙語表現は英語に非常に近いのでとても身近に感じました。

akiraさん
どうもそういう気もするのですが、いちばん簡単な「我」をなぜ使わなかったのかが謎なのです。玛丽は男朋友を募集中という設定になっているので...。

もひとつ akiraさん
"If you are" で始めると、この you が話者も含まないことが多そうですね。もっとも
If you are a resident of Shinjuku-ku, you are advised to submit your application to xxx.
といった表現なら話者を含むと考えてもよさそうです。
※ 上記例は Shira が考えましたが、検索したところ同様の表現が英語圏で広く使われています。

投稿: Shira | 2010.01.28 15:19

ふ~む、最初にShiraさんの記事を読んで辞書を見たら
“你”には①「あなた」のほかに②「任意の人」という
意味もある!のを初めて知ってそうなのかぁと思ったが
次にakiraさんのコメントを読んでそう解釈するほうが自然
な気もしてきて、中中辞典等いくつか調べてみました。
わかったのは、この任意の人では、有时实际上指“我”
の場合もあることが記載されてたのと、私も“如果”が
あるので「ひと」より「あなた」なのかなぁと思ったら
《现代汉语八百词》の人一般を指す項目に你如果故步自封,
骄傲自满,你就永远不会进步。という例文もありました。
ついでに(私がいま入門自学中の)フランス語にはje(わたし)、
tu(君)、vous(あなた{君たち/あなたたち})、nous(わたしたち)以外にも
on(わたしたち/人々/誰か)という不特定の人を指す語も
あってよく使われてるみたいですた。(^^;

投稿: Saito | 2010.01.28 21:30

Saitoさん、こんにちは。

>有时实际上指“我”の場合もある

今回の疑問はこれで解けた気がします。

私もよく見てみたらありました...。

「任意の人を指す.また実際は自分を指すこともある」
(大修館書店 中日大辞典増訂第二版)

投稿: Shira | 2010.01.28 22:18

你が不特定多数の「あなたがた」を指すことはありますが、多分に英語的な表現ですね。これは、近年外国の映画などが中国に大量に入り、このときに翻訳者が原文の英語を中国語に訳した際にこのような語が定着したと思われます。ただ日常会話としてはあまり使われません。ですから、教科書にこのような表現が掲載されるというのは非常に疑問ですね。

ただカウンターパートとしての「你=あなたがた」という表現はあり、それに対する「我(わたしたち=中国)」という表現もあります。

例えば以下の文

公安部国际合作局任命我驻海地维和警察防暴队队长刘建宏为前方总指挥

この場合の「我」は「わたし」ではありません。われわれ=中国と訳すべきですね。

見分けるのは難しいです。

投稿: 明天会更美好 | 2010.02.05 00:54

失礼。上の方で象鼻山さんは頻繁に使われるといってましたね。

文学作品とか外国の映画の翻訳とかではよく見かけますが・・日常会話でよく使われるのか。知りたいところです。

「不特定多数」→「任意」で

投稿: 明天会更美好 | 2010.02.05 01:09

通りすがりですが、失礼します。

「你」が話者をも含む任意の人を指す人称代名詞として
用いられるのは、「一般的な仮定の話」をする場合です。
話者の考える一般的、常識的な判断を示す時に使われます。
Shiraさんの本の例は、反語で判断を示していますね。
日常会話でも普通に出てくる表現です。

参考例
a (即使)你没钱,你也不能偷.那些人这种道理都不懂.
  窃盗犯(那些人)について、友人と話している状況。
  目の前の友人はもちろん犯人ではありません。
  你は、「人」一般です。道徳的、法律的判断であり、
  盗んでいけないことは、話者にもあてはまります。
  
  第一文だけなら、盗んだ人を叱っている場合とも
  考えられます。

b (如果)你要去美国,你要办签证.我下周去美国大使馆申请.
  自分だけの旅行について、友人に話している状況。
  你は、ここでは、中国籍の人(相手も自分も)です。
  制度上の判断(説明)であり、ビザが必要なのは、
  話者にもあてはまります。

  第一文だけなら、(日本人の自分の場合とは異なり、)
  中国人の君はビザが必要だという状況もありえます。

投稿: 過路的 | 2010.02.06 20:21

>過路的さん

詳細な解説ありがとうございます(*'-')

このような表現があるのはテレビなどですでに知っていました。
ただ実際に中国の方が使っているのを耳にしたことは、自身の二十数年のキャリアで一回もなかったので、てっきり日常会話であまりつかわれない表現かと思っていました。参考になりました。

>Shiraさん

スレ汚し失礼しました m(_ _)m

投稿: 明天会更美好 | 2010.02.06 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/47403495

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-01-27 総称の「你」?:

« 2010-01-22 今日の一枚 | トップページ | 2010-01-28 大いなる謎 »