« 2010-01-27 総称の「你」? | トップページ | 2010-01-31 都心部で平日早朝中国語学習 »

2010-01-28 大いなる謎

学習しているといろいろと謎が出てきますが、
「ああ、(なぜかはわからないけど)中国語ではそう言うのね...」
と、あまり深く考え込まないのが私の基本姿勢です。

何年か経ってからわかることもありますし。

ですが、「聴読中国語」を2回通読してどうしても気になるところがあるんですね。

両方とも「有」を使った文です。

A 那时我们班有个女孩子的妈妈在食品店工作,自然很容易得到这些,(聴読中国語 P.216)

B 车间工作的工人中有不少是妇女,他们不违反纪律,(同P.270)

A には面食らいました。同級生の女の子が「有」だと思ったら、そのお母さんにすり替わっています。話者の発想はどうなっているのでしょうか。以下の1・2のうちのどちらなのでしょうか。ひょっとすると1・2共に違うのでしょうか。

1 クラスに女の子がいてね、その子のおかあさんが食料品店で働いててね、
2 お母さんが食料品店で働いている女の子がクラスにいてね、

B はこれまた一癖あると感じました。「是」を抜いた場合(B')とどう違っているのでしょう。
B' 车间工作的工人中有不少妇女,他们不违反纪律,


以下のC・Dといった例はすんなりと記憶して自分で使うこともできるのですが、上のA・Bはちょっと勝手が違うと感じました。

C 有人找你
D 忽然听到身后有人叫王峰的名字(中级汉语口语 2 P.27)


「聴読中国語」の中でこの二つ(A・B)だけはのどに刺さった魚の骨のように感じています。今のところは正直お手上げなので、疑問はしばらく寝かせておこうと思っています。

|

« 2010-01-27 総称の「你」? | トップページ | 2010-01-31 都心部で平日早朝中国語学習 »

コメント

寝かせておく、と書かれているのに蒸し返すようで申し訳ありませんが。ひっかかったのでちょっと考えてみました。

Aは、「有一天(ある日)」と同様に、不定のものをさす用法だと思いました。すなわち、
「我们班」の「有个女孩子」の「妈妈」という切れ目で。
私はこの場合の「有」を動詞ではなく、あえていうなら連体詞的な用法だと解釈していたのですが、辞書を引いてみたら動詞として出ていました。なので、上記も的がはずれているかもしれません。

Bは私も分かりません…。強調の「是」?(でもないか…)

投稿: sugi | 2010.01.28 22:53

これもとても面白い話題で深く考えさせられ、勉強になります。
是非、老師に会うときに聞いて詳しく分析したいと思いますので、
お手数かけて申し訳ありませんが、

2010-01-28 大いなる謎
2010-01-27 総称の「你」?

の疑問として挙げられたそれぞれの例文

那时我们班有个女孩子的妈妈在食品店工作,自然很容易得到这些,

车间工作的工人中有不少是妇女,他们不违反纪律,

玛丽:如果你在和男朋友约会的时候,想的是他有没有钱,有没有房子,怎么会和他真心相爱?

の3つについて、
その前後の中国語も教えて頂けませんか?
単独の文章だけで文脈がないと老師も困ると思うので……

投稿: akira | 2010.01.29 00:10

Aの文はかなり引っかかりますね。

直感的に考えて、書き直すとこんな感じかと思ったのですが、
我们班有一个女孩子的妈妈,她妈妈在食品店工作
「一个」と「女孩子的」は共に「妈妈」を修飾しているのかと思ったのですが、そうすると「我们班有妈妈」となってしまって、意味が分からないです。「我们班有女孩子」ですよね。有~(在~)工作で、連動文になっているのかと思いました。
そうすると、やっぱりsugiさんのように「有个女孩子」を1つとみなして、「我们班/有个女孩子的/妈妈」のかたまりで主語と考えるんですかね・・・。有の使い方がよく分からなくなってきました。

Bは「有不少的人是妇女」かなと思いました。
Bは「多いのは女性」で、B’は「女性が多くいる」と考えました。

akiraさんの分析を楽しみに待ちたいと思います。

投稿: chstd | 2010.01.29 01:46

ん~と、『聴読中国語』を私は所有してないのですが
日訳は載ってないのでしょうかしら?私が考える訳は
Aは1のように「クラスにいたある女の子」の「母」(主語)で
2だと那时我们班有个妈妈在食品店工作的女孩子かなぁ?
(つい最近、定语の並ぶ語順みた記憶あるも失念…と
思ったら思い出し『実用漢語課本』でした^_^;)
Bは「労働者の中にいる多く」(主語)は「女性」で
B'だと「労働者の中に多くの女性がいる」
と思ったのですがいかがでしょうか?
ぁあ、夜更ししてしまった!いかん。(^^;

投稿: Saito | 2010.01.29 01:53

Bの方、「他们不违反纪律」を無視して考えていました・・・
入れて考えると、上で書いたものは間違っているような・・・

投稿: chstd | 2010.01.29 01:57

ぁれぇ~、書いてる途中にchstdさんがUPしてた…。
では、異論も1つ。私は連動文ではなく、“有”構文が
“妈妈”の定语で、“在”は“妈妈”の介词フレーズとして
“工作”の状语だと思います。これでもう寝ます。(^^;

投稿: Saito | 2010.01.29 02:21

このコメントはコメント者自身により削除されました。

投稿: Shira | 2010.01.29 21:30

前後を読むと印象が違いますね。
誤植の可能性も結構ありそうです。

投稿: akira | 2010.01.29 23:09

A
我们班的有个女孩子的妈妈
わたしたちのクラスのある女の子の母
↓"的"を(重なりを避けるため)一つ削る
我们班有个女孩子的妈妈

一番骨格の文は"妈妈工作"、他はすべてつけたし。
と思いましたがどうでしょう。

B
车间工作的工人中[大部分]是妇女
↑これは分かると思います。

车间工作的工人中[一半]是妇女
↑これも分かると思います。

车间工作的工人中[占一半]是妇女
↑そしたらこれも分かると思います。
→→そしたら原文の構造も腑に落ちませんか。

投稿: けい | 2010.01.29 23:10

 わたしはむしろBの"他们"が気になりました……。

投稿: けい | 2010.01.29 23:17

おわび

みなさん、申し訳ありません。

B の 他们 は 她们 の誤記(誤変換)です。
ヨーロッパ言語と違って、中国語では複数でも男女があるんですね...。

投稿: Shira | 2010.01.30 07:58

念のため音声(附属DVD)を確認してみましたが、書いてあるとおりに読んでいます。

音声は異なる2回のセッション*が収録されているので、不自然な中国語だと音声出演者からコメントがあると思います。文字の過不足という誤植の可能性は低いと思います...。

*普通の速度と速めとで録音。異なるアナウンサーが読んだり、同一アナウンサーでも間合い等が違うので機械的に速度を変えたものではないのは確かです。

投稿: Shira | 2010.01.30 08:05

けいさん、わかりやすい例をありがとうございます。

B は納得!です。
「是」はなんだか別格の動詞のように(無意識に)感じていましたが(これもヨーロッパ言語学習の悪影響か・・・)そんなことはないのですね。

「なーんだ」と思うことでも、はまりこんだそのときにはなかなか見えてこないものですね~。

投稿: Shira | 2010.01.30 08:12

ぉっ,初級の復習み~っけ!
(ヨーロッパ言語でも)フランス語は複数でも男女があり
ils(彼ら/それら)、elles(彼女ら/それら)と。
では,問題で
女性たちの中に男性もいた場合は,中国語で“她们”と
使えるでしょうか?(ラジオ講座初級で説明ある?)

投稿: Saito | 2010.01.30 20:20

もう終わった問題かもしれませんが・・ひとこといわせてください。上の例文のAで挙げた構文は実は中国語で頻繁に出てきます。「有」を伴わなくてもです。いろいろ文法的に説明できると思うのですが、、わたしは「ああこうなのね」と理解するようにしています・・(ごめんなさい)

例えば、数日前に処理した記事でこういうのがあります。

国务院总理温家宝2日主持召开国务院常务会议,讨论并原则通过《关于公立医院改革试点的指导意见》

ここで会議を主宰したのは温家宝総理ですが、「意見」を討議・採択したのは温家宝総理では意味が通らなくなります。「『意見』が討議され、原則的に採択された」とすべきなのです。このようなずらずら並んでいる途中で「主語がいつの間にか変わっている」というパターンは中国語に数多く存在していますので、注意が必要です。

投稿: 明天会更美好 | 2010.02.04 22:03

明天会更美好さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。心強いです。

様子がだんだん見えてきました。口語教材を使って学習してきたので今までこうした例を目にしていなかったのだと思います。

HSKの読解問題文を見たら、なるほど、たくさん出てきます。

「主語」という用語を西欧言語の感覚でとらえると足元すくわれてしまう気がします(日本語でもそうですけど)。

「これは中国語であって、日本語でも英語でもない」
とアタマではわかっているのですが、気づいていないうちに母語や英語の「影」がさしますね...。

投稿: Shira | 2010.02.05 10:02

中国語の「主語」は文を支配する力が弱いという印象を受けました。いや、支配などしていないのかも...。

こうした点も初中級の文法書で扱ってくれるといいのにな、と思いました。

投稿: Shira | 2010.02.05 10:05

認知言語学の研究で、題目と主語による言語分類というのがあり、
(『認知文法論Ⅱ』大修館書店)

題目○主語○:日本語、韓国語
題目○主語×:中国語
題目×主語○:英語など印欧語
題目×主語×:タガログ語

とされています。
そもそも中国語は動作主としての主語はないに等しいと考えられているんですね。

投稿: akira | 2010.02.05 19:02

 実はakiraさんの老師の解説がどのようなものだったかをぜひ教えていただきたいと思っているのですが……。

投稿: けい | 2010.02.06 22:26

授業は月一回で、次は2月17日ですので20日か21日に自分のブログにupする予定です。事前に聞いてもいいのですが、電話、メールなどサービス残業は一切させない主義ですので。

投稿: akira | 2010.02.07 11:39

akiraさん、こんにちは。
月に一度教師に会う...というのもよさそうですね。

貴重なお時間でしょうから、akira さんの興味の範囲でよろしくお願いします。

投稿: Shira | 2010.02.07 18:22

 かしこまりました。楽しみにお待ちしております。

投稿: けい | 2010.02.07 22:38

我们班有个女孩子的妈妈
=我们班(的)有个女孩子的妈妈
わたしたちのクラスのある女の子の母

再確認したところ、けいさんの答えが完璧とのことでした。兼語文ではなく、妈妈が主語で、その前の部分は修飾語とのこと。

また明天会更美好さんが挙げた、
国务院总理温家宝2日主持召开国务院常务会议,讨论并原则通过《关于公立医院改革试点的指导意见》
の場合も兼語文ではなく、
...会议,(它)讨论并...
と主語が省略された形なのだそうです。

投稿: akira | 2010.03.03 21:56

akiraさん、フォローありがとうございます。

不思議なもので、「大いなる謎」と自分で言っておきながら、みなさんに教えていただいているうちにだんだんと普通の文に見えてきました。

外国語って、このように習得していくのかもしれない…と思いました。

投稿: Shira | 2010.03.04 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/47415106

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-01-28 大いなる謎:

» [雑記]語学学習02.01~02.13[中国語編] [新書中心主義-心理学者の読書日記]
ブログde読書会《狼图腾》 少しずつ確認中。あまり進んでいません。 私は老師とプライベートレッスンなのでたくさん質問する。今回はその例を記載してみる。 ・発音 nとng やはり発音の開始時から、ngは口を開いていく発音で、nは舌で閉じていく発音と考えて良いらしい。最期の舌の位置と考えるのが間違いなのだ。その開いていく動き/閉じていく動きの中で母音が発声されるため、母音の音色が違うのである。 ・一~就~ の一は発音変化するか。 難解で特に決まりなし。それぞれ違うらしい。 ・"从早工作到晚。"... [続きを読む]

受信: 2010.02.20 04:01

« 2010-01-27 総称の「你」? | トップページ | 2010-01-31 都心部で平日早朝中国語学習 »