« 2010-02-12 発音、まだ何か埋まっている | トップページ | 2010-02-19 カタカナ語 »

2010-02-17 学習のあしあと(もうすぐ6年...)

chstdさんのブログ「35歳からの独学中国語会話-中検2級」に中国刊行の教材の話題が出ています。

私もコメントを残したのですが、少し補足説明をする必要がありそうなので、ここに書いておきます。

使っている口語教材には日本語の解説がないのですが、副教材として日本の教材もずいぶん使っています。


学習を始めるとき、それまでに見聞きした日本人英語学習者の特徴を考慮し、自分なりの方針を立てました。

○日本人英語学習者の特徴(私の経験した範囲で):
・基礎文法知識をかなり持っている
・会話時の反応が遅い
・発音に問題があり、話が通じない場合がある
・英語音声特有の強弱・高低・緩急に弱く、聞き取りが苦手
・日本語で話すときよりもかなり「ぶっきらぼう」になる(聞いていてヒヤヒヤする)
・単語の根源的な意味を理解していないことがある
・英検やTOEICといった試験が大好き

○上記を考慮して考えた方針
・文法学習は会話教材に出てきたものから徐々に取り組めばよい
・簡単な内容を即座に言う練習をする
・発音やイントネーションをしっかり習得する
・自然な速さの録音教材を使い、聞く・話す練習に時間をかける
・場面に応じたていねいさ・決まり文句を使う
・語義が日本語と似ているけど微妙にずれている単語に注意する
・各種試験は考慮しない


第一歩としてNHKラジオ中国語講座入門編を使いました。丁寧な解説(日本語)に助けられ、辞書はあまり使いませんでした。同時に発音の解説書(複数)で基礎を練習しました。


次に定評ある総合教材で学習しました。文法・作文・読解といった分野別の学習より、良質の本文を中心とした教材のほうが使いやすそうだったからです(中学校の英語の教科書のイメージ)。まだ辞書はあまり使いません。
・修訂 新中国語 上・下(中華書店)


「新中国語」の次に、基礎的な文法事項の確認として下記教材を使いました。
・中国語の文法ポイント整理(本間 史、アルク)
・中国語の文法 弱点克服問題集(同)
この段階から辞書を引く回数が増えてきました。


次に、自然な表現が多く、新出事項が以後の課で繰り返し登場する教材を選びました。
・初級漢語口語 提高篇(北京大学出版社)
・中級漢語口語 1・2(同、おそらく今後に提高篇も使います)


このような学習に5年半かけてどうなったかというと(歳のせいか時間がかかりました)...
・中国語検定2級には苦労すると思います(未受験)。問題集を見たら知らない漢字ばかり。
・HSK初中等(2009年まで)の初回受験では中等B(7級)が取れました。
・身近な話題についてはけっこう話せるようになりました。
・自分の発音が不十分で通じないことはありません(通じないときには文が間違っているか、声調の記憶違い)


基礎的な単語は辞書を引かずに使い始めることが多いので、後になってなるべく辞書で復習しました。思い違いに気づくことがけっこうあります。英語の例で恐縮ですが、このようなものです。中国語では同じ文字を使って文化の交流も多いのでもっと「ヤバい」はずです。
・知っている と know
・おみやげ と souvenir (参考資料「九州観光マスターのしるし」)
・認める と admit (参考資料 「松沢喜好の語源の扉」)

|

« 2010-02-12 発音、まだ何か埋まっている | トップページ | 2010-02-19 カタカナ語 »

コメント

わたしのブログにも書いてみましたが・・

純粋に会話力をネイティブまでの水準にもっていくとするならば、日本語は極力ないほうがいいと思います。中国語で考えて中国語でしゃべるほうがよりスピーディーな会話ができますので・・

ただ中検ねらうとかになると、ちょっとかわってきますね。正直中検で使用されている言葉は文語表現的なものがおおいですから

投稿: :明天会更美好 | 2010.02.18 12:13

ブログの力作、読みましたよ~。

>中国語で考えて中国語でしゃべるほうがよりスピーディーな

「○○語で考える」という表現はけっこう難物だと思っています。

慣れているはずの英語で話すときを考えてみると...

おそらく
「○×▼♪$#」
という「言いたいこと」を日本語にして、それを英語に翻訳して口に出すということはしていないと思います。

ただ、この
「○×▼♪$#」
と心にひらめくためは、やっぱり日本語が必要なのではないかとも思います。「思いつく」とか「考える」という精神活動って、母語の存在なしではできないのではないかと...。

投稿: Shira | 2010.02.19 11:50

ちょっと前のめりぎみのコメントはずかしいです(/ω\)

おっしゃるとおりです。
わたしも母語の存在を否定するわけではないです。会話を下支えするものとして、母語があるとなしでは違うと思います。

投稿: 明天会更美好 | 2010.02.19 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/47589761

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-02-17 学習のあしあと(もうすぐ6年...):

« 2010-02-12 発音、まだ何か埋まっている | トップページ | 2010-02-19 カタカナ語 »