« 2010-03-21 さて、C.TESTです | トップページ | 2010-03-23 C.TEST 受験にあたっての注意 »

2010-03-21 C.TEST 横浜会場

2010年3月21日実施のC.TEST を横浜会場で受験してきました。

・会場は新横浜駅近くの専門学校で、とてもわかりやすい場所です。

・ただし、会場の外には張り紙等の表示がありません。休日でだれもいない学校に勝手に入っていくことになります。エレベーターホールにも表示がないので、郵送された案内のとおり7階の会場に向かいます。エレベータを降りるまでに目にした人は0人。

・会場は普通の教室です。まあまあきれい。

・この会場でA-Dレベル試験を受けたのは2人でした。

・試験進行はとてもしっかりしています。マニュアル化がうまくできています。

・音響はとても良いです。試験主催者が機材を持ち込んでいます。

・休日で暖房運転ができないのか、会場内はけっこう寒く感じました。


大都市横浜でA-Dレベル受験者が数名というのはどういうことでしょう。なかなか良い試験なので、もっと人気が出るべきだと思います。英語ではTOEICがあれだけの人気なのですが...。

試験内容はまずまず実用的で、別途実施の会話試験を加えれば留学目的以外の試験としてはこれ一つあればいいかもしれません。

聴力試験には正直歯が立たないと感じました。まず速度が速い。HSK初・中等とは比べ物になりません。速いだけではなく、緩急・強弱がはっきりしていて、内容を追いかけるだけの文法力・語彙力がないとほとんど聞き取れないと思います。グラフから傾向を読み取るような出題もあり、「実用試験」らしくなっています。

この試験、特に聴力試験で楽々解答できるようなら、中国企業の会議に参加しても大丈夫かもしれません。


聴力試験については少し準備が必要でしょうね。何もせずに受験してもなんとかなるHSKとはちょっと感触が違いました。再度受験するとだいぶ点数が伸びそうです。

私はほとんど口語教材しか使っていないので、知らない表現や文字ばかりで少々参りました。

|

« 2010-03-21 さて、C.TESTです | トップページ | 2010-03-23 C.TEST 受験にあたっての注意 »

コメント

おつかれさまでした。
天気もずいぶん大荒れだったようですね。
我が家の近辺でも黄砂がすごくて、道路を走る車はみなドロドロでした。
C・test受験者少なかったんですね。
横浜で2人ってちょっと信じられません。
いい試験なのに。
私も次に受けるとしたらこれだと思っています。前回B判定だったのでAをめざしたいところです。

投稿: chaiko | 2010.03.22 10:57

お疲れ様でした。私は東京会場で受験しましたが、強風の影響か欠席者が多く、A-Dレベルの受験者は10人くらいしかいなかったと思います。私も初受験でしたが、とてもよく作られた試験でしたので、もっとたくさんの人に受けてもらいたいと思いました。会話試験と併せれば、かなり高い精度で中国語力を判定できるのではないかと思います。リスニング試験はかなり難しかったです、特に最初のグラフの問題が。TOEIC(旧版)の写真を見て答える問題とは全く違うものでした。そうそう、音響は東京会場も主催者の持ち込みだったのですが、某有名メーカーの数万円するアンプ内蔵スピーカーだったので、驚きました。音質面での余計な心配がいらず、今までになく試験に集中できたと思います。

投稿: shrimp | 2010.03.22 11:01

chaikoさん、こんにちは。

せっかくの機会にお会いできず残念です。

会場の机には受験番号を書いた紙片が2つしかなかったので、申し込み2人・受験2人だったようです(まあ、受験率100パーセントではありますが)。

語や句を書かせる出題は英断だと思います。この記述式出題、中国の試験らしく、独創よりは正しいものを探し出して加工せずに回答することが必要なんだなーと思いました。

投稿: Shira | 2010.03.22 22:44

shrimpさん、こんにちは。

聞き取り試験の最初は短い会話なのかと思っていたら、いきなり長く読む出題で
「アワワ…」
状態でした。短いやりとりはその後で出題されるのですね。

メモを取らないと回答できないほど難しいことは尋ねていないような気がします。グラフを使う出題なら縦軸・横軸と選択肢を見ておけばなんとかなりそうではないかと。

それに気づいたときにはもう先に進んでいたのでした...。

読解は「雑学」で助かるところが多かったように思います。ブダペストやロック音楽、眠る草など、飛ばし読みで内容がほとんどわかってしまいました。

投稿: Shira | 2010.03.22 22:58

私も正に「気づいたときには…」でした。ですから次回はもう少し得点が伸びるかもしれません。読解は雑学のない私にとって手強かったです(汗)。HSK初中等の読解(阅读)は30分で解き終わるので、C.TESTも同じようなものだと思っていたら、思いのほか手こずってしまいました。読み飛ばすことができず、一字一句しっかり読んで、時間が掛かってしまいました。

投稿: shrimp | 2010.03.23 00:51

Shiraさんおつかれさまでした!
横浜で2人なんて…もったいないですね。皆さんにぜひ受験して欲しいなあ。

聴力試験、「速いだけではなく、緩急・強弱がはっきりしていて」というのはおっしゃるとおりですね。TECCなどの聴力試験の平板な読み方だと、却って意味が取れなくなる私です。

投稿: Marie | 2010.03.23 10:39

shrimpさん、私はちょっと準備不足だったかもしれません(って、準備をまったくしていないのですが)。

HSKとTECCとを受けたことがあるので、客観(マーク式)試験ならどれでも大体同じと思っていました。やはり試験それぞれに特徴がありますよね。

読解・造句の100分は時間ちょうどでした。「もう少し考えたらわかるかも」という思いを断ち切ってどんどん進んだのが良かったようです。

投稿: Shira | 2010.03.24 19:37

Marieさん

聴解試験の音声はとても自然な感じがして好印象でした(解けませんでしたが)。

受験者が少なすぎると点数の標準化もうまくいかないと思うので、ブログ仲間で受験を勧めましょう!

投稿: Shira | 2010.03.24 19:39

横浜で2名ですか…。さぞかし快適に受けられたのでは?(笑)
それはさておき、なぜC.TESTの受験者がこれほど少ないのかが謎です。
受験料は安い、旧HSK初中等よりももう一段の中国語の応用力が問われる(良問)、それに何よりも問題を持ち帰れる上に返却される試験結果データが充実しています。

#一つに絞れ、といわれたら私はC.TESTを選びます。

投稿: sugi | 2010.03.26 00:25

sugiさん、そうなんです。一番乗りで部屋に入ったときの担当者のほっとした顔
「あ、よかった、少なくとも1人来た!」

会話試験の優遇があると楽しみにしていたのですが、C級以上という条件があるのを見落としていました。

むむ...。

投稿: Shira | 2010.03.26 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/47868957

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-03-21 C.TEST 横浜会場:

« 2010-03-21 さて、C.TESTです | トップページ | 2010-03-23 C.TEST 受験にあたっての注意 »