« 2010-04-10 発音小工事中 | トップページ | 2010-04-16 学習にとってだいじなこと »

2010-04-12 アナウンサーの発音

「自主トレ」で使う音声教材に容文育(NHKのアナウンサー)が読んだニュースがありました。

音の角が立っているような発音です。「在」の z など、いかにも舌の突端から音が出ているような切れ味の良さ。「数」の sh は、舌全体が奥に引っ込んだ「濃い目発音」とはちょっと違って、舌の先に近いほうがしっかり反り上がったような、気流の強い渦を感じる音。

ちょっとまねしてみましたが、疲れますね。口の中も忙しいですが、腹から空気を押し出す運動量もなかなかです。いつもこんな発音していたら友達できなくなりそうかも...。ニュースですから、中国語でもやっぱりNHK流なのですね。

中国語の発声では呼気の流速が日本語よりも全般的に大きいと各種参考書に書いてありますが、本当かもしれないと思いました。

|

« 2010-04-10 発音小工事中 | トップページ | 2010-04-16 学習にとってだいじなこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/48060456

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-04-12 アナウンサーの発音:

« 2010-04-10 発音小工事中 | トップページ | 2010-04-16 学習にとってだいじなこと »