« 2010-06-20 iPhone版 小学館中日・日中辞典 | トップページ | 2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(2) »

2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(1)

中级汉语口语 2 の 口语常用语(一) 接待用语 の例文を日本語にしてから原文の中国語に復元する練習をしています。

油断すると中国語で自然な表現が出てこないものですね。

今回私にとって興味深かったのが以下の二例。

1.空港に来客を迎えに行く用意をする前に
自分でこのような日本語にしておいたのですが、原文は
当你准备到机场迎接客人到来之前
です。「到来」と言うところががいかにも中国語だと思います。日本語なら「客を」「迎える」で済んでしまうのですが、中国語ではそれでは物足りないのですね。「牛肉が好き」を「喜欢吃牛肉」と言うのと共通点があると感じました。

2.会社の命令で中国からの客人を受け入れるのなら、あなたはホスト役になったというわけです。
原文は
如果你工作的公司需要你接待中国的客人,那么你就是一位主人了
です。

条件節の「中国からの客人」は「中国的客人」 で「一位」「几位」「一些」といった表現がないのですが、主節の「ホスト役」は「一位主人」なのですね。文法資料は調べていないのですが、どうやら目の前にいる人間という具体性を帯びたとき(帯びさせたいとき)には数量詞が欠かせないようです。それとも、「中国的客人」には「中国的」があるので数量詞がなくても具体性が足りているということでしょうか。

以前にもこのブログで同じようなことを書いています。
2010-01-18 特定・非特定と量詞

中国語として自然な表現には、自然にするための何らかの文法的裏付け(原則)が潜んでいるはずなのですが、この「一位」がどのようなときに必要になるのかが私にはまだすっきりとわかりません。ただ、中国語では「具体的であること」は「特定していること」とは違う概念のようで、英語の a(an) や the の用法から類推することはできないということは感じます(異なる言語ですから当然ですが)。

いろいろと書いてしまいましたが、2の例文で「几位中国客人」となっていたらこんな疑問は持たずに安心して寝ることができるのですが..。


「中国的客人」で「中国客人」でないのも気になります。来客を迎えるときの中国語を学習する単元ですから、「中国的客人」は中国人か、少なくとも中国語を話す客を指しているのは間違いないはずなのですが。

|

« 2010-06-20 iPhone版 小学館中日・日中辞典 | トップページ | 2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(2) »

コメント

「一位主人」の量詞「位」なのですが、目上の人、自分よりえらい人を数える量詞です。

ですから、このばあい、「主人」という名詞にあわせ「かしこまった」意味を出すために「位」という言葉を使っていると思われます。まあ、半分風刺の意味が入っていますね。ここに「一個」という量詞で済まそうと話者が考えたならば、量詞はここに出てこなかったことも考えられます。

中国語の場合、英語や日本語と違い、言葉だけで単数、複数かはわからないんですよね。

ですから、話者が単数、複数であることを強調したいときや、文中に量詞の存在意義を強調したいとき(上記の「位」のように)に量詞が使用されることが多いんです。

あと不特定多数の場合、量詞が使用されることは少ないですね。(これは当然なのかもしれませんが・・)

投稿: 明天会更美好 | 2010.06.23 23:03

"那么你就是主人了"だと「(あの人やこの人ではなく)"あなたこそ"がホスト役なのです」と聞こえる。別の人ではないというニュアンスが出る。

"那么你就是一位主人了"だと、「あなたは(お客でも第三者でもなく)"ホスト役"となるのです」と聞こえる。一時的、臨時のニュアンスが出て、今からホスト役になるというニュアンス。

"几位中国客人"だと、一人のお客さんのときが除外されるので変。

"中国客人"だと一つの名詞みたいでやや不自然。やはり"的"が欲しい。意味は"中国人のお客"。

"中国的客人"とすると中国を強調する表現になる。意味は"中国から来たお客"。

老師にも確認してみましたが同じ意見でした。

投稿: akira | 2010.06.26 13:22

明天会更美好さん、こんにちは。

コメントありがとうごございます。

>まあ、半分風刺の意味が入っていますね。
この課は著者が読者に語りかけるような調子になってます。たしかに「れっきとした接待係になっちゃったんだよ。大変だよ」という感じがします。

投稿: Shira | 2010.06.26 18:25

akiraさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

英語では host や guest はありえず、a host / hosts や a guest / guests でなければならないという知識のおかげで素直に中国語を読めなかった気がします。

数がわからないときは数量詞なしでよいのですね。安心しました。

中国語での数量詞の使い方にもっと慣れようと思います。

「中国的客人」と書くと、中国にとってのお客さん(日本人だったりアメリカ人だったり)という意味になりはしないかと思っていました。以下の記事を思い出したので...。

「"中国的留学生"は中国にいる世界各国から来た留学生を意味します。"中国留学生"は世界各国にいる(日本も含めて)中国からの中国人の留学生を意味します。"的"があるとないとでは大きく異なりますので、気をつけてください」
誤用から学ぶ中国語 郭春貴 白帝社 P.61

投稿: Shira | 2010.06.26 18:43

"中国的客人"は、もちろんその意味にもなりますけど、文脈から除外されます。"在中国的客人"もしくは"来自中国的客人"が省略された形と考えればわかりやすいのではないでしょうか?

投稿: akira | 2010.06.26 20:30

akiraさん、ありがとうございます。

やはりどのような言語でも文脈により、ですね。その依存のしかたに特徴があって簡単にいかないと感じています。

投稿: Shira | 2010.06.29 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/48699726

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(1):

« 2010-06-20 iPhone版 小学館中日・日中辞典 | トップページ | 2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(2) »