« 2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(2) | トップページ | 2010-06-30 外国語を使う »

2010-06-25 学習の方法

最近になってようやくわかってきたこと。

外国語学習の方法は十人十色ですね。

よほどヘンなことしない限り、良い材料を使ってなまけず進めば必ず運用能力は伸びるでしょう。

まあ、まったく通じない発音だったり、基礎の基礎をすっとばしてしまったなら、ある程度は世間一般で受け入れられている教程をたどると効率が良いでしょうけど、その後は、まあ、どーでもいーといいますか...。

学習を楽しいと感じたり、続けていけるほうが重要なんだろな、と思います。

さまざまな参考書やウェブサイト、ブログは「あれはだめ、これは良い」などとにぎやかですが、言っていることはそれほど違わないものですね。それに、有効性が統計で証明されている学習法はごくごく少ないですし。

あれもある。が、これもある。

|

« 2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(2) | トップページ | 2010-06-30 外国語を使う »

コメント

全く同感です。

「あれもある。が、これもある。」

名言ですね~。

投稿: ぺりお | 2010.06.26 20:14

ぺりおさん、こんにちは。

焦りはしませんが、相当ガツガツはしてます。あれもあるが、これもある。しかし結果は厳しく問う。そんな感じでやってます~。

この「結果」も人それぞれなんですが、私の場合は「改まった場で話す」ことは外せません。講習会の講師や会議の司会、客先・経営陣への説明などですね。

私にとって英語・中国語はなによりも cash language 、金の生る言語であってほしいんですよ。

投稿: Shira | 2010.06.29 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/48716987

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-06-25 学習の方法:

« 2010-06-23 やっぱり気になる数量詞(2) | トップページ | 2010-06-30 外国語を使う »