« 2010-07-14 進歩の確認とやる気と | トップページ | 2010-07-15 偉大なるマンネリ »

2010-07-15 外国語の習得とは

アメリカ合衆国の National Standards in Foreign Language Education という企画が外国語で有効なコミュニケーションをするための要件を簡潔にまとめています。

"Knowing how, when, and why to say what to whom"

だれに、何を、どのように、いつ、なぜ話すのかを身に付ける

私たちの学習はどうしても「何を」に偏りがちですが(言いたいことが出てこないという強い不満は記憶に残りやすい)、家庭や職場、その他の場面を思い出してみると、その他の要素もとても重要であることがわかります。そして、「だれに」「どのように」「いつ」「なぜ」も学習の目的言語を使う国や民族の文化に大きく依存するのですね...。

|

« 2010-07-14 進歩の確認とやる気と | トップページ | 2010-07-15 偉大なるマンネリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/48875430

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-07-15 外国語の習得とは:

« 2010-07-14 進歩の確認とやる気と | トップページ | 2010-07-15 偉大なるマンネリ »