« 2010-07-22 ニュース | トップページ | 2010-07-28 ドラマを細々と見る »

2010-07-27 試験準備はやはり有効(点を上げるなら)

毎日暑いです。住まいの近所には小川と林とがあるので、朝晩は(まだ)だいぶ楽ですが...。

しっかりと細部まで聞き取れているかということがふと気になり、HSKの問題集の聴力を少し解いてみました。解いていてわかったのですが、HSK特有の出題って、あるんですね。

出題:「お客様は先ほど50元お出しになりました。さっき10元をお返ししましたから、あと1.2元を渡しますね」
問い:客はいくらの買い物をしましたか? (答え: 50 - 10 - 1.2 = 38.8元)

出題:「ご案内します。第41号列車は40分の遅れで10時20分に発車します」
問い:「この列車の本来の発車時刻は?」 (答え:9時40分)

こうした会話は「中级汉语口语」では出てこないので、ちょっととまどいます。

いっぽう、副教材として使ってきた「汉语中级听力教程」(北京大学出版社)の内容はHSKにも十分対応していますね。
・道案内(北に百メートル行くと銀行があって...)
・ホテルやレストランでの会話(ツインの空き部屋がないなら、シングル二つ)
・登場人物の関係(馬さんが遅刻する原因を尋ねるよう王総経理が黄主任に命ずる)


点数を上げるためにHSK聴力の対策をしたいけど、問題集ばかりではおもしろくないという方にはこの教材はおすすめですね。録音は生き生きしていてとても良いです。特にヘソ曲げて発言する様子がちょっとドラマ風。

|

« 2010-07-22 ニュース | トップページ | 2010-07-28 ドラマを細々と見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/48988160

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-07-27 試験準備はやはり有効(点を上げるなら):

« 2010-07-22 ニュース | トップページ | 2010-07-28 ドラマを細々と見る »