« 2010-08-13 機械的に行こう!? | トップページ | 2010-08-15 課題図書 »

2010-08-13 強調する場合の発音

英語話者向けの中国語教材で軽重アクセントを説明していました。中国語で強調する場合には声を大きくしようとせず、
1.その音を長めに(時間をとって)
2.その音の声調を際だたせて(音程の上端・下端を広げて)
発音せよと書いています。英語やドイツ語流のアクセントの影響を受けると、どうしても四声のような下降調になりがちだとのこと(Hi! など、開始が強いので、その後の脱力部分で音程も下がる)。

録音教材を聞いてみるとたしかに軽重アクセントの「重」の部分は音圧がやや強いだけではなく、占有時間が長く声調がはっきりしています。

こうしたことは教科書を読んでわかったつもりになってもなかなか実行できず(意識せず)、良い教師や遠慮のない仲間にその場で直してもらってはじめて気づくのではないでしょうか。


他从来没说过"我爱你",从来没送过一朵鲜花

「好きだとも言わなかったし、一輪の花だって贈ってくれなかった」という文意から、「一朵」はかなり強調されています。録音では「一」の始まりの音程はとても高かったですね。


音読するときには文意・場面に即した強調を大切にしようと思います。そして、強調は「強く」ではなく、「大切に」という意識で。一声は天高く舞い、二声は跳躍板、三声は地下にもぐりこみ、四声は崖から飛び降りです。ドラマを見ていてもたしかにそうなっていますね。

|

« 2010-08-13 機械的に行こう!? | トップページ | 2010-08-15 課題図書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/49136237

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-08-13 強調する場合の発音:

« 2010-08-13 機械的に行こう!? | トップページ | 2010-08-15 課題図書 »